分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

家庭教師と塾講師の違いは?①

⑴家庭教師と個別指導の講師の違いは?

 今回はバイト選びの際に迷うことも多い家庭教師と塾講師の違いについて話していきたいと思います。塾講師といっても集団授業か個別授業かでスタイルが大きく異なり、集団の場合家庭教師とは比較が行いにくくなるため、今回は家庭教師のスタイルに比較的近い個別教室の塾講師と家庭教師の違いについて話していきます。

 

 もちろん、塾講師に関しては私自身、全ての会社を経験したわけではないので、それぞれの塾の違いがあり、全てにあてはまるとは言えないですが、ある程度の共通性はあると思うので、今家庭教師と個別指導の講師で迷っている方はぜひ参考にして頂ければと思います。

 

 

⑵金銭的対価が異なる

 1つ目にあげられるのは、金銭的対価の違いです。なぜ給料と言わずに金銭的対価と難しく言うのかというと、これは額面通りの時給の違いもあるのですが、単純には比較出来ない様々な要素もあるので全てを包括してこのようにしました。

 

 

 まずは分かり易い部分ですが、時給の違いです。私が経験した限りだと、家庭教師の場合は1時間2000円から2500円くらいでした。一方で個別指導の講師だと1時間1500円くらいでした。

 

 次は、拘束時間の違いから発生する対価の違いです。私の場合ですが、家庭教師の際には授業が終わると5分以内には生徒の家を離れていました。一方で塾講師だと授業が終わっても、生徒がなかなか帰らず復習するために少し残ったり、他の生徒からの質問や雑談や、授業報告書を書いたり、他の先生や教室長もいて雰囲気的になかなか帰りにくいなど給料は発生していないのに拘束時間が長くなってしまうことはよくあります。そうすると、拘束時間も含めた時給換算をすると、個別指導の講師は少しわりに合わないのかなと感じる部分もあります。

 

 他には、移動時間も含めたときの対価の違いです。家庭教師は一つの家庭で1回の授業なので、移動時間が長くなってしまいます。一方で、塾講師は一回教室に行けば何回も授業を行うことが出来るので、そういった点からすると塾講師の方が時間を効率的に使うことが出来るのかもしれません。ただ、時給以上のお金がもらえる?家庭教師のアルバイトで以前紹介させていただいたように、家庭教師でも家庭によっては時給以上のお金をいただけることもあるので、単純比較は出来ないかもしれません。

 

 

⑶授業数の増やしやすさが異なる

 2つ目として、家庭教師と塾講師では授業数の増やしやすさが異なります。通常、家庭にとって塾の方が手頃なため、家庭教師に比べると塾の方が、生徒が集まりやすいため、塾の方が紹介される生徒が多いです。家庭教師も少ないわけではないのですが、やはり多くはないと思うので、案件を日頃からチェックしていい案件を逃さないようにすることが重要だと思います。

 

 ただ、家庭教師は生徒を多く担当すればするほど、斡旋会社の方からの信頼も上がり、優先的に生徒を紹介してくれるということもあります。なので、すぐに多くの給料を稼ぎたいという人は塾講師で、長期的にメインの収入源としてやっていきたいという人は家庭教師を少しずつはじめるというのもいいかもしれません。

 

 

⑷家庭教師と塾講師の違いは他にも多くある

 今回違いをまとめていたところ、予想以上に文章量が多くなりそうなので、家庭教師と塾講師の違いは?②という記事で続きを書いていきたいと思います。また、それらを総合して、私個人の見解ですが、バイト選びをどうすればいいかについても話していきたいと思います!

 

 

⑸家庭教師全般に関する記事は以下から見ることが出来ます。

家庭教師の初回授業までの流れはどうなっているのか?

家庭教師の初回授業はどのような流れか?

時給以上もらえる?家庭教師マル秘給料事情

家庭教師でクレームの多い家庭を担当することはあるのか?

家庭教師と塾講師の違いは?①

家庭教師と塾講師の違いは?②

月給公開!家庭教師は月給いくら?

家庭教師はつらい!?①干渉し過ぎな両親との関係

家庭教師はつらい!?②自分流が通じない指導

家庭教師はつらい!?③家庭からの直前のキャンセルが以外に多かった

節税しながら月10万稼ぐ!大学生のための家庭教師アルバイト活用法

【スポンサーリンク】