分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

家庭教師はつらい!?③家庭からの直前のキャンセルが以外に多かった

⑴以外によくある家庭教師のつらいこと

 先日から家庭教師はどういった点が大変なのかを私の経験をもとに話し始めて今回で3つ目になりました。前回までは生徒の両親が授業に干渉しすぎの時があるということと、自分の一番だと思っていた指導が中々通用しないということについて話ました。前回までの2つは、家庭教師の経験のない方でももしかしたらつらいこととして想定出来るかもしれません。また、特に両親の授業への干渉はレアケースな部類に入るかもしれません。

 

 しかし、今回話す直前キャンセルは、私の経験上をもとに話すと以外に多く、これから家庭教師になりたい方にとっては想定外のことかもしれません。(※今回紹介する割合などの数値は私自身の個人的な経験のため、絶対そうなるというわけではないので、ご了承ください!)

 

 

⑵直前にキャンセルをされると時間や交通費が無駄になってしまう

 まず、そもそもですが、通常家庭教師は生徒の自宅へ移動して授業開始のため、1日に多くの家庭をはしごしづらく、各担当生徒の下校後に合わせて授業を上手く組み合わせたとしても多く手1日2つくらいしか授業ができないと思います。

 

 

 そうすると、事前に日程変更の連絡を入れてくれれば、他の生徒を入れることもできるのですが、授業直前にキャンセルをされてしまうと、その時間の予定が空いてしまい、生徒の自宅へ向かっている途中だと、そこまでの交通費や時間が無駄になってしまいます。また、本当なら稼げるはずだった給料分ももらえなくなってしまいます。

 

 

⑶これまでどのようなキャンセル事例があるか

 キャンセル理由として多いのが、病欠だと思います。特にこれはしょうがないと思うのですが、生徒本人の体調が急に悪くなってしまったり、飼っているペットの体調が悪くなってしまい病院に急いで行っていたため家庭教師への連絡が遅くなってしまったということが多いです。緊急のケースのため、時間を無駄にしてしまってもこればかりは仕方ないとは思います。

 

 ただ、時々インフルエンザなどの長期間体調を崩してしまっているような病気の時には、学校にもいっていないため、そもそも家庭教師の授業のこともすっかり忘れてしまっていて家庭も直前に思い出してキャンセルの連絡をもらうということがあります。病欠なのでしょうがないといえばそれまでなのですが、私の場合、授業が始まる10分前に生徒の自宅の前で待機してそろそろ自宅にお邪魔しようと思った時に、キャンセルの電話がかかってきたこともありました。その時はせめて長期間学校にも行けないような病気なら1日2日前に連絡欲しいなとは思ってしまったりしてしまいました。

 

 他に多いのは、授業時間を間違えていたとか、授業自体を忘れて家族でどこかに行ってしまっているということです。これも前回の授業でいつにありますと次回の日程を紙に書いて渡しても忘れてしまっていることがあり、本当に時間が勿体無いと感じてしまいます。

 

 最後の理由として、これはこれまでこの経験をしたのが一つの家庭からだけなのでよくあることではないかもしれませんが、生徒がやる気がなく、部屋から出てこないからキャンセルでということがよくありました。確かにその生徒は授業数が多く入っており、かつ学校の宿題も多くノイローゼ気味になってしまっていたため、当日の本人のやる気次第でよく直前キャンセルにされてしまったりしました。当初は折角生徒の自宅まで行ったにも関わらず、やる気がないということでキャンセルされてしまうこともあったため、この時は一応、出来れば私が移動する前までに連絡を欲しいことは伝えて、なんとかキャンセルの連絡は授業の1,2時間前までにしてくれるようにはなりましたが、それでも折角その生徒のために空けておいた時間が無駄になってしまって時間が勿体無いと感じることが多くありました。

 

 

⑷どのくらいの割合の家庭に直前キャンセルがあったか

 概算なので、正確な割合ではないですが、これまで担当してきた3割くらいの家庭、つまり3分の1の割合で直前キャンセルをされてしまったことがあります。もちろん、3割の中でも直前キャンセルは1度だけという家庭もありますし、反対に誇張ではなく4回に1回くらいの頻度で直前キャンセルという家庭もありました。4回に1回はなかなかのレアケースだとは思いますが、直前キャンセルをする結構家庭は多いです。

 

 

⑸個別指導の場合はどうか

 家庭教師に比べて個別指導の場合はどうかといいますと、個別指導の場合でも直前キャンセルはあります。実際に私も個別指導の講師を経験していたことがあったので、直前キャンセルはたまにありました。しかし、家庭教師の場合は一授業ごとに各生徒の自宅に向かって、結局キャンセルということが多かったため、その分徒労感も大きく感じました。

 

 

⑹直前キャンセルをなくしてもらうように工夫するしかない

 直前キャンセルも事情があってのことなのでしょうがないとは思いますが、家庭教師としてもお金も稼げず、時間を無駄にしてしまって負担が大きいと思います。直前キャンセルが多い場合は、家庭と相談してキャンセルなら何時までにという決まりごとを作るなどして対処する必要があると思います。それでもだめなら会社に相談して会社から直接言ってもらうなり、担当を変えてもらうなり、家庭教師自身に非はないので我慢する必要はないと思います。

 

 

⑺家庭教師全般に関する記事は以下から見ることが出来ます。

家庭教師の初回授業までの流れはどうなっているのか?

家庭教師の初回授業はどのような流れか?

時給以上もらえる?家庭教師マル秘給料事情

家庭教師でクレームの多い家庭を担当することはあるのか?

家庭教師と塾講師の違いは?①

家庭教師と塾講師の違いは?②

月給公開!家庭教師は月給いくら?

家庭教師はつらい!?①干渉し過ぎな両親との関係

家庭教師はつらい!?②自分流が通じない指導

家庭教師はつらい!?③家庭からの直前のキャンセルが以外に多かった

節税しながら月10万稼ぐ!大学生のための家庭教師アルバイト活用法

【スポンサーリンク】