読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

早稲田法英語過去問大問1対策5―“抽象→具体”という段落の構造を理解する―

早稲田法過去問対策

⑴はじめに

 以前、早稲田法英語過去問大問1対策3―段落の要旨選択問題の3つのポイントを捉える!―という記事で、早稲田法学部独特の問題である段落の要旨選択問題の攻略には3つのポイントがあるということを話しました。また、早稲田法英語過去問大問1対策4―選択肢のキーワードを利用する!―という記事で、段落の要旨選択問題を解く上での3つのポイントの一つである選択肢のキーワードを利用するという最初のステップについて話ました。

 

 今回は前回話した3つのポイントの一つである、「“抽象→具体”という段落の構造を理解する」をより具体的に話していきたいと思います。

 

 

⑵記事のポイント

f:id:bestkateikyoushi:20161004225658p:plain

 

 

⑶段落の要旨選択問題の解き方の手順は?

 何度も何度も話していますが、これまで話した段落の要旨選択問題の解き方の手順をまず概観していきたいと思います。

 

 段落の要旨選択問題を解く手順としては3つのステップがあり、下記のような流れになっています。

f:id:bestkateikyoushi:20161002125637p:plain

 

 はじめに行うことは、選択肢中でキーワードを選定して選択肢がそれぞれどの段落の正答になりそうか当たりをつけます。具体的な流れについては早稲田法英語過去問大問1対策4―選択肢のキーワードを利用する!―という記事でも書きましたので、参考にしてください。

 

 次のステップが、今回紹介する“抽象→具体”という段落の文章構造を見抜くというプロセスです。そして最後が本文と選択肢の言い替えを探していくというプロセスになっています。

 

 

⑷“抽象→具体”の段落構造とは?

  まず“抽象→具体”について話していきたいと思います。そもそも“抽象→具体”とは何かというと、何かを伝えるうえでの文章の構成のテクニックのことです。

 

 何かを伝えるためには相手に分かりやすく伝える必要があります。そのために、ほぼすべての英文の論文や雑誌記事では、「言いたいこと(抽象)→具体例(具体)」という流れで構成させることで、より分かりやすい論理を展開させています。

 

例えば、この”抽象→具体”をある会話を例にとって説明してみます。以前外国に住む友人から「日本人の会話は、ボーリングのようだ。誰かが話すとき日本人はボーリングの順番を待つときのように礼儀正しく静かに待っている!」と言われたことがあります。おそらく一文目の「日本人の会話は、ボーリングのようだ。」だけでは理解出来ないと思います。この後で、具体的に二文目で詳しく説明したことでようやく意味が分かったと思います。

 

 この文章の流れがまさに、“抽象→具体”の形になっているのです。まず一般化した言いたいこと(抽象)を一言目に言い、その後、具体的に説明することで何が言いたいのかを分かりやすく説明しています。

 

 

⑸“抽象←具体”から段落で筆者が言いたいこと(抽象)を推測する!

 では実際に、どの様に段落の要旨選択問題を解くときに使うのかを話していきたいと思います。

 

 先ほど⑷で、言いたいこと(抽象)を詳しく説明するために後ろの文(具体)は続くということを話しました。つまり、抽象的な言いたいことがよく分からなくても、二文目以降の具体的な部分をしっかりと読み込んで意味を理解出来れば、抽象的な言いたいことの表現が難しくても理解することが出来るということです。

 

 また、段落の要旨選択問題の各選択肢は、”要旨”という言葉からも分かるように、具体例を一般化した抽象部分を理解することができるようになります。そのために、抽象が分からなくも具体部分から推測することで段落全体の要旨がつかめるようになるのです。

 

f:id:bestkateikyoushi:20161004224454p:plain 

 こんなの当たり前だと思うかもしれません。しかし、意味がとりにくい英文になればなるほど”抽象→具体”の論理の流れを忘れてしまい、この基本から要旨を理解することができるということができなくなってしまうので、早大レベルの英文を読む時は、いつも意識しながら読むことをお勧めします!

 

 

⑹早稲田法英語対策関連記事

早稲田法英語過去問対策1―全体像を把握する!―

早稲田法英語過去問大問1対策2―段落の要旨選択問題を攻略する!―

早稲田法英語過去問大問1対策3―段落の要旨選択問題の3つのポイントを捉える!―

早稲田法英語過去問大問1対策4―選択肢のキーワードを利用する!―

早稲田法英語過去問大問1対策5―“抽象→具体”という段落の構造を理解する―

早稲田法英語過去問大問1対策6―選択肢と本文の言い換えに注目する―

早稲田法英語過去問大問2対策7―内容把握(内容一致)問題を攻略する!―

 早稲田法英語過去問大問7対策8―英作文問題を理解する!―

早稲田法英語過去問大問7対策9―英作文の事前準備を行う!―

 

 

早稲田大学(法学部) (2017年版大学入試シリーズ)

早稲田大学(法学部) (2017年版大学入試シリーズ)

 

 

 

【スポンサーリンク】