読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

大学受験英語対策-英作文で自分の意見を考える方法は?-

 

 

 

英作文は自分の意見を考えるのが難しい

こんにちは!大学受験の英語の試験は基本的にセンター試験のように選択式の問題が多いため、自分で英作文を作るということはあまり多くはないと思います。しかし、難関大の試験になればなるほど英作文問題も必要になり、対策も行っていかなければならないことが多くなると思います。その一方で、これまで選択式の問題などがほとんどだった受験生にとって自分で意見をまとめて英作文として書いていくことが上手くできないことが多いと思います。実際に僕もはじめの頃はそうでしたし、講師として受験生に教えていた頃にも、生徒に「英文を書けないわけではないんだけど、何を書けばいいのかアイデアが浮かばない」という相談を受けることもありました。

 

そこで今回は、どの様に英作文で自分の意見(本論部分)を考えるかについて、「視点」というキーワードを使って説明していきたいと思います。ちなみに英作文の書き方自体は、以下の記事で紹介していきたいと思います!

 

 

難関大学の試験ではどの様な英作文を課されるのか?

例えば、下記の問題を見て見てください。2017年度の早稲田大学政治経済学部の英作文の実際の問題です。

Read the statement below and write a paragraph giving at least two reason why you agree pr disagree with it.

"Gay marriage should be made legal in Japan."

[参考]大学入試問題過去問データベース

 

2017年度の早稲田大学政治経済学部の英作文では、「同性愛者(ゲイ)同士の結婚を日本で合法化するべきだ」という主張に賛成か反対かを論じるものでした。設問中に少なくとも2つ以上の理由を論じろと書いてあるため、なぜそう思うかの理由を自分で考える必要があります。

 

確かに普段同性愛の結婚について高校生が考えることはないので、意見を考えるのは難しいとは思います。そして何か意見を絞りだしたとしても、それを英語にするのはさらに難しいため、2個以上は意見を絞りだして英語で書ける内容を考える必要があります。

 

 

自分の意見を考えるときは、視点を分けて整理する!

そこで自分の意見を考えるときに効果的な方法が、自分以外の様々な人を分けて、その人たちの立場になって考えることです。例えば先ほどの「同性愛者(ゲイ)同士の結婚を日本で合法化するべきだ」という意見に賛成か反対かというテーマで考えた時、これまで通り自分の立場だけで考えてしまうと、「なんか同性愛者同士の結婚って不気味だから合法化しない方がいいな」とか、「同性愛者も同じ人間だから結婚は認められるべきだ」とかくらいしか思い浮かばないかもしれません。

 

しかし視点を変えてみて意見を考えてみるとどうでしょうか?例えば、同性愛者の視点に立って考えてみた時、「合法的に結婚できなくても好きな相手と一緒に暮らせるのには変わりないから合法化する必要はない」と言った意見や、「制度的に結婚していることにしてくれないと手当などがもらえないから合法化するべき」と言った意見が思い浮かぶと思います。

 

また、政治家など一国全体の動向を気にする人たちの立場で考えてみると例えば、「合法化しないと将来同性愛者が合法な他国へ移住してしまって、日本に住んでくれる人がさらに減ってしまって損失がある」と言った意見や、「同性愛者同士の結婚が認められていないから差別が残ってしまうのではないか」などと言った意見など、色々な人の視点に分けて考えることで、意見を整理しやすくなります。

 

そうすると、若者である自分の視点だけでは思いつかなかった色々な意見を思いつきやすくなります。そして何点も出てきた意見の内の2つか3つを使って英作文を書いていくことで、よりスムーズに書き上げることが出来るようになります。そんな視点を分けて考えたからといって意見を思いつくわけないよと思う人もいるかもしれませんが、実際に僕が担当していた受験生の生徒もアイデアを思い浮かびやすくなったと以前よりもスラスラと書けるようになったので、視点を分けてアイデアを考えることは効果的な方法だと思います。

 

 

様々な視点は事前に準備しておこう

それでは最後に、実際の試験でどの様な視点で分けて考えるかですが、これは自分の思いつく立場の人をイメージしていくといいので、特にきまりなどはなく自由に考えてみてもらって大丈夫です。ただ、それもなかなかあまり思い浮かばない方のために、例を挙げると、「学生・勤労世代・高齢世代」に視点を分けてそれぞれの立場で意見を考えたり、「男性・女性」、「日本人・外国人」など様々な視点に分けて意見を考えることで様々なアイデアが生まれやすくなります。特に、例えば僕は男で日本人で年齢的には若者の部類なので、アイデアに詰まったら親世代や高齢世代だったらどういった意見を持ちそうか、女性はどのように思っていそうか、外国人は?など、他の視点で英作文のアイデアを考えたりします。

 

最後に自由英作文は初めのうちは塾などの講座でも対策をすることが少ないので、どう勉強していけば良いのか分からない受験生のために、オススメの参考書を下記に整理しておきました。英作文ははじめのうちは難しいとは思いますが、慣れれば安定して高得点を取ることが出来る範囲です。ぜひそれぞれの人の立場を整理して、意見を多く出して英作文をスラスラと書けるようにしてみてください!

 

[大学受験英作文対策用オススメ参考書]

 

 

[関連記事]

bestkateikyoshi.hatenablog.com

bestkateikyoshi.hatenablog.com

bestkateikyoshi.hatenablog.com

bestkateikyoshi.hatenablog.com

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】