読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

勉強法は「いつやるか?」によって効果が異なる!

効果的な学習法

⑴はじめに

 数年前、大学受験の講師の「いつやるか?今でしょ」という言葉が流行りましたね。実際、勉強は明日明後日と引き伸ばさず、思い立ったら今から始めていくことが重要だと思います。しかし、勉強法に関して言うと、どんなに良い勉強法でも今じゃないことがあります。

 

 今回は、数ある勉強法の中からどの様に選択して、自分の日々の学習に取り入れていくかについて話していきたいと思います。

 

 

⑵現状に合っていない勉強法を使うと効果が実感できなくなってしまう

 これまで私は多くの生徒を担当してきました。その中には大学進学を目指す浪人生もおり、日々の勉強法について相談を受けることもありました。相談を聞くと例えば、成績の良い友人や塾の先生に○○という勉強法を聞いて以前は実践していたが、続けてみてもあまり効果がなかったと言っていました。もちろん、何か月も続けずに何週間で断念してしまっているようだったので、そもそも結果が出る前に断念してしまっているということも考えられます。

 

 しかし、その生徒の場合は、自分が聞いた勉強法をすぐ取り入れてしまっていたため、自分の成績など今の状態に合った学習法を取り入れられていないということが分かりました。

 

 例えば、その生徒は以前、古典対策のために、問題演習を行った後は文法や単語など分からなかった表現などは全てノートに書いてまとめるという方法をとっていたそうです。しかし、それでも成績の伸びは実感できず、古典の模試の点数を5割も取れないそうでした。その当時の勉強法を聞くと、分からない部分を整理するという勉強法で、多くの受験生が用いる、また、多くの先生が薦める勉強法だと思います。

 

 ではなぜ成績が伸びなかったのか。その要因の1つとしては、自分の現状に合った勉強法ではなかったからだと思います。その当時、その生徒は理系から文系に変えたばかりで、あまり古典の勉強を行っておらず、文法など基本知識の多くが抜けている状態でした。そのため、演習を行って復習をしても、分からない部分が多すぎるためモチベーションも上がらず、さらに文法も全体像それ自体を把握していないため、何をやっているのか分からない状態だったそうです。そうすると、世間的には良いと薦められる勉強法も効果的ではなくなってしまいます。

 

 

⑶目標を細かく分けて、「今何をするべきか」明確にする!

 上記の例は一例ですが、多くの受験生にあてはまるのではないかと思います。実際私も受験界の大家のような人の参考書を読んで勉強の仕方を実践しても、上手くいかないことがありました。それは、その勉強法が正しくないというわけではなく、現状の自分のレベルに合っていなかったからです。

 

 では、「今どの様な勉強法」を使って勉強するべきかを考えるにはどうすればよいか。それは、最終目標(=合格)までの道のりを細かく分けて、目標を分割し、その小さな目標ごとに勉強法を変えていくという方法です。

 

 

 例えば、志望校に合格するために、センター試験で古典を8割得点したいという最終目標があったとします。では、そのためにどうしたらよいかですが、まず、古典は助詞助動詞や敬語などの文法、単語、古文常識などを理解して、実際に演習を行う必要があります。その際、はじめから演習を行ってもなかなか成績は上がらないと思います。

 

 そこで、合格までの道のりを細かく分けて、目標を分割し、合格までにいくつか目標を設定することが重要です。以下には卑近な例ですが、最終目標までの目標の分割について簡単にイメージ図を作ってみました。

 

f:id:bestkateikyoushi:20161016151557p:plain

 上記のイラストは簡単な例のため、実際に自分で目標を分割して各段階に合った勉強法を考えていく際にはより具体的にかつ細かく考えていくと、各段階における自分に合った勉強法を定めていくことが出来ます。

 

 

⑷最後に

 私も受験生時代には、周囲から聞いた勉強法を取り入れても上手くいかないとき、勉強法が良くないと考えてそこまでで思考停止してしまっていました。しかし、一番重要なのは、どの勉強法かではなく、今の自分に合った勉強法かどうかだと思います。現状に照らし合わせて勉強法を考えていくことが重要です。ぜひ、成績が伸び悩んでいる人は、現状を見つめ直して勉強法を改めてみるといいと思います。

【スポンサーリンク】