読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

It is ~ (for 人) to doを覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

中三英語

⑴It is ~ (for 人) to doとは?

 こんにちは!今回は、It is構文(It is ~ (for 人) to do)と呼ばれる文法について話していきたいと思います。It is構文(It is ~(for 人) to do)とは、「(人が)‥するのは~である」という不定詞と代名詞の考え方を応用した文法です。文中のitは「仮主語」と呼ばれ、後半部分の不定詞を指す主語になっています。

 

 今回紹介する文法は、中学生がよくミスするポイントの一つでもあります。そこで今回は、ミスしないようにどの様にIt is ~ (for 人) to doを考えるか説明していきます!

 

 

⑵It is構文とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161021182305p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 今回のIt is構文(It is ~ (for 人) to do)では、このカタチを暗記すること自体は大変かもしれませんが、「~/人/動詞の原形」の部分を入れかえるだけではあるので、ある程度暗記できてしまえば、文法自体は難しくないかもしれません。

 

しかし、色々な文法とミックスした総合問題が出題されたとき、多くの中学生が間違えてしまいます。それはなぜかというと、「主語が分かりにくい」からです。

 

そのため、その主語をいつも意識することが問題を解けるようになるポイントになります。下記にIt is 構文を日本語から判別する際のポイントを整理しました!

 

f:id:bestkateikyoushi:20161021182352p:plain

 

 

 上記がIt is 構文を日本語から判別する際のポイントです。あまり難しく考えなくて大丈夫です。とにかく、「~は」という部分から主語を見つける。さらに、「~」の部分が長ければ、It is 構文になることが多いということだけ覚えましょう。

 

もちろん「~では」のように「~は」のルールに合わないこともあります。しかし、大事なことは如何に分かりやすく理解できるかです!もし余裕があればそういったケースも覚えるとして、まずはシンプルに頭に入れることを心掛けましょう。

【スポンサーリンク】