読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

call+(人)+(名前)を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

中三英語

⑴call+(人)+(名前)とは?

こんにちは。call+(人)+(名前)は、「(人)を(名前)と呼ぶ」という意味の表現で、動詞の後に目的語と補語が来ている基本五文型のSVOCの文章になっています。しかし、基本五文型は高校受験対策の参考書でも書かれていますが、中学校ではあまりやらないような状態なので、よく理解していない中学生が多いです。さらに、基本五文型は理解力の早い生徒でもなかなか理解できないことも多いです。

 

しかし、call+(人)+(名前)のようなSVOCを使った表現自体は中学3年の夏から秋にかけて授業でやることが多く、対策が必要です。そこで今回は、call+(人)+(名前)も含めたSVCOの表現について最短距離で理解できるようにしていきたいと思います!

 

 

⑵call+(人)+(名前)とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161024104416p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 ポイントとしては、動詞の後が「名詞+名詞」になっているか、「名詞+形容詞」になっている時に、「名詞=名詞」になっているか、「名詞=形容詞」になっているかどうかです。また、SVOCの形をとる動詞は他にも多くありますが、全て覚えることはせず、中学の教科書に出てきている代表的な動詞(call、name,makeなど)を最低限覚える方が、頻出問題に対して確実に点数を稼ぐことができると思います!余裕があれば、他のSVOCの動詞も調べてみてください!

【スポンサーリンク】