読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

関係代名詞の主格を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

中三英語

⑴関係代名詞とは?

 こんにちは!今回は関係代名詞と呼ばれる文法について話していきたいと思います。関係代名詞とは、文章中のある名詞を後ろから詳しく説明する表現です。関係代名詞は形容詞に似ています。例えば「美しい女性(beautiful woman)」という言葉があるとすると、「美しい」が名詞の状態を説明する形容詞になるというのは分かると思います。形容詞の場合はこのように「女性」という名詞を日本語でも英語でも前から説明しています。一方で関係代名詞の場合は、「公園で遊んでいる少年(the boy who plays in the park)」と「少年」という名詞について日本語では形容詞と同様に前から説明するのに対し、英語では後ろから説明しています。

 

 このように後ろから詳しく名詞を説明する表現が関係代名詞と呼ばれる表現で、中学3年生で学ぶ表現の中でも難しい表現の一つです。今回は、関係代名詞の中でも特に「関係代名詞の主格」というトピックに絞って覚え方のポイントを見ていきたいと思います!

 

 

⑵関係代名詞の主格とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161029090211p:plain

 

 

 

⑶覚え方のポイント

 関係代名詞の主格に関連するポイントはたくさんあるので、なかなかどのポイントを理解すればよいのか分かりにくいと思います。そのため、はじめに最低限押さえておくと問題を解く上での手順を思いだしやすくなるポイントを2つ挙げておきます。

 

f:id:bestkateikyoushi:20161028092642p:plain

 

 一つ目が、関係代名詞の主格の時には、関係代名詞の後に動詞が来るということです。もちろん、この場合、関係代名詞が主語の役割をしているため動詞がすぐ後ろに来るのですが、私の経験も踏まえると英語が苦手な生徒はまずは形を暗記してしまうこと、問題を解くために手順を明らかにすることが重要です。そのためにどの部分を見て問題を解き始めるかを明らかにできるようにするために、「関係代名詞の後ろが動詞になる」というポイントを理解しておくことがポイントになってきます。

 

 二つ目が、文章中にある2つの動詞を混同しないことです。ただこれは全ての英文に共通しているポイントとして、「日本語訳の一番後ろの動作が文章中の名詞の次に来る」ということを上記のように意識できれば、ミスも減ると思います。

【スポンサーリンク】