読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

関係代名詞の目的格を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

中三英語

⑴関係代名詞とは?

 こんにちは!今回は関係代名詞の目的格と呼ばれる文法について話していきたいと思います。関係代名詞とは以前、関係代名詞の主格を覚えよう!という記事で話した通り、文章中のある名詞を後ろから詳しく説明する表現です。そして今回は関係代名詞の目的格について話していくのですが、前回話した関係代名詞の主格とは何が異なるのか?それは、英語の形としては関係代名詞(who,which,that)の後に動詞が来るか来ないかの違いです。

 

 多くの中学生にとっては、関係代名詞の主格と目的格で混乱してしまうことが多く、両者の違いを明確にする必要があります。そこで今回は、関係代名詞の中でも特に「関係代名詞の目的格」というトピックに絞って覚え方のポイントと、関係代名詞の主格との違いなどを見ていきたいと思います!

 

 

⑵関係代名詞の目的格とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161029133839p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

関係代名詞の目的格のポイントの一つ目としては、whoは使えないということです。関係代名詞(who, which, that)の前には人/物/事柄などの名詞が来ることを話しましたが。Whoが使えないとなると、関係代名詞の目的格の際には、人の名詞が来る時にはthatを使うことになります。高校受験では長文読解がメインのためそこまで気にする必要はありませんが、定期テストでは聞かれることが多いと思うので要注意です!

 

二つ目が、前回の「関係代名詞の主格」の時と同様に、文章中にある2つの動詞を混同しないことです。この点については「日本語訳の一番後ろの動作が文章中の名詞の次に来る」ということを意識することが重要だと話したので、以下の記事を参考にしてください!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】