読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

関係代名詞の目的格の省略を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

中三英語

⑴関係代名詞の目的格の省略とは?

 こんにちは!今回は、関係代名詞の目的格の省略について話していきたいと思います。関係代名詞の目的格とは前回、関係代名詞の目的格を覚えよう!という記事でも話したように、文章中のある名詞を後ろから詳しく説明するための表現です。その中でも目的格とは「名詞+関係代名詞+(主語)’+(動詞)’」の語順で構成される表現です。

 

 今回は以前話した関係代名詞の目的格に関連して「関係代名詞の目的格」が省略されるケースがあり、問題の長文中にいきなり出てきた際混乱するポイントの一つなので、どの様に見分けていくのかについて話していきたいと思います!

 

 

⑵関係代名詞の目的格の省略とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161101190402p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 まずそもそもの大前提として、関係代名詞の主格と目的格について違いと訳し方の違いについては既に理解していることが重要です。それが理解出来ていなければ今回の応用部分についてやってもあまり意味が分からないと思います!

 

 それでは、関係代名詞の目的格の省略について話していきますが、重要なのは、語順で覚えるということです。高校受験などで出てくるケースとしては長文読解の長文中に出てきます。その際に、膨大な量の単語を見ていく中で、これは関係代名詞の目的格の省略だと気付けることが重要です。そして、「名詞+名詞(+名詞)+動詞」と名詞が何個も連続してきた後に動詞が来るときに関係代名詞の目的格の省略のことが多いです。それだけ覚えておけば、簡単に見分けることが出来るようになります!

 

 

⑷最後に

 今回は関係代名詞の応用ですが、長文読中にはよく出てきます。英単語の順序だけでもいつもと違うことを理解しておいて、素早く判別できるようにしましょう!

【スポンサーリンク】