読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

未来形will, be going toを覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴未来形will, be going toとは?

 こんにちは。will, be going toとは未来の動作や状態を表す表現の一種で、動詞の前に置いて「~するつもりだ/~するだろう」という言葉で表します。will, be going toのこれら二つの表現が未来形ということ自体は、英語が苦手な生徒でも理解していることが多いです。しかし、「~できる」という表現の一種である「be able to ~」と同様にbe動詞部分を上手く変えることができなかったりします。

 

 そこで今回は、will, be going toについてbe動詞の変化のさせ方にも注目しながらwill, be going to全体の理解ができるようにしていきたいと思います!

 

 

 

⑵will, be going toを覚える!

f:id:bestkateikyoushi:20161112211623p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 未来形については覚えることが結構あります。上記以外にもwillの否定形や、wouldなど多く覚えなければならないことがあります。しかしまず覚えることとしては、will, be going toと基本の形を覚えてしまうことです。その中でも、be going toを用いる際に多くの中学生は、be動詞の部分を間違えてしまう傾向があります。そこで初めの段階から中学校一年生の復習もかねて、主語によってbe動詞が変化するということを体系的に思い出してもらうといいと思います!ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】