分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

否定の命令文を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴否定の命令文とは?

 こんにちは。否定の命令文とは、「~してはいけません」というように、聞き手に対して何かをしないように伝えるときに使われる表現です。以前命令文を覚えよう!という記事で命令文の基本的な形となぜこのような形になるのかについてイラストを交えながら話ました。

 

 今回は、命令文をさらに発展させ否定の命令文の形についてと、なぜこのような形になるのかについて話していきたいと思います!

 

⑵否定の命令文とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161121112159p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 まずポイントとしては、否定の命令文の場合にも、主語はYou(あなた)で、聞き手に対して命令をしているということです。聞いていない人に対して「~して/~しないで」と命令することはできません。命令は聞き手(You)に対してすることが明らかなので、Youは省略されます。

 

 そして、否定の命令文の大きなポイントとしては、否定の際には文頭に必ずDon’tをつけるということです。この原則は、文頭がbeの場合にも当てはまります。(Don’t be late.「遅れてはいけません」のように)

 

 ルールをしっかりと整理して理解出来ればと思います。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】