読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

命令文の発展形を覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴命令文の発展形とは?

 こんにちは。以前命令文を覚えよう!否定の命令文を覚えよう!という記事で命令文について基礎部分を整理しました。それ以外にも命令文の発展形として学ぶべき表現に、「Let’s~(~しよう)」や「命令文, and(/or)~(‥しなさい、そうすれば(/さもないと)~)」というような様々な表現があります。

 

 今回は特に、「命令文, and(/or)~(‥しなさい、そうすれば(/さもないと)~)」という命令文の発展形について整理していきたいと思います!

 

⑵「命令文, and(/or)~」とはこんなカタチ!

f:id:bestkateikyoushi:20161122100534p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 間違えやすいポイントの一つとしては、andとorの使い分けです。「そうすれば」「さもないと」がand、orどちらなのかを忘れてしまい混乱してしまうことが多いです。

 

 そのため、そのような時には、andとorの元々の意味をしっかりと捉えることによって間違いを減らすことが出来ます。例えば、andは「~と~」というように、and前後の両方の事柄を行う(/行わない)ということです。一方でorは「~または~」というように、or前後の事柄の片方しか行わないということです。この語義を理解しさえすればandは「そうすれば」、orは「さもないと」となることが理解できると思います。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】