読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

場所を表す前置詞in, atを覚えよう!①-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴場所を表す前置詞とは?

 こんにちは!中学生が意味の分からないと感じる英語の単元の1つとして前置詞があげられると思います。前置詞とは、例えば場所を表す名詞や、時を表す名詞の前に置かれる品詞のことで、代表的な前置詞にinやonなどがあります。前置詞がある理由として、文章の基本構造(SVOCなど)の名詞と区別するために前置詞を用いて区別するためだと思っています。(私個人の解釈ですが)

 

 前置詞は数が多く、覚えにくいです。そこで今回は、場所を表す名詞の前に置かれる前置詞の中でも特に代表的なものについて整理していきたいと思います!

 

 

⑵場所を表す前置詞を覚える!

f:id:bestkateikyoushi:20161130101530p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 重要なのはイメージを持つことです。特にin,atは最頻出の前置詞でもあり、イメージできるようにするのが大切ですが、始めは厳密にinの後ろには「空間」、atの後ろには「」と言われてもよく分からないと思います。そこでまずは「空間の広い狭い」という比較的イメージしやすい表現で覚えてしまい、ある程度理解できるようになったら詳細に教えるというのがいいと思います!

【スポンサーリンク】