分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

時を表す前置詞in,on,atを覚えよう!①-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴時を表す前置詞とは?

 こんにちは!中学生が意味の分からないと感じる英語の単元の1つとして前置詞があげられると思います。前置詞とは、例えば場所を表す名詞や、時を表す名詞の前に置かれる品詞のことで、代表的な前置詞にinやonなどがあります。前置詞がある理由として、文章の基本構造(SVOCなど)の名詞と区別するために前置詞を用いて区別するためだと思っています。(私個人の解釈ですが)

 

 前置詞は数が多く、覚えにくいです。そこで今回は、時を表す名詞の前に置かれる前置詞の中でも特に代表的なin, on, atについて整理していきたいと思います!

 

 

⑵時を表す前置詞を覚える!

f:id:bestkateikyoushi:20161201102247p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 重要なのはイメージを持つことです。特にin, on, atは最頻出の前置詞でもあり、イメージできるようにするのが大切です。この代表的なin, on, at の3つの前置詞は、後ろに置かれる時を表す名詞の時間の長さによって使い分けることが可能です。

 

 まず、inは基本的には一週間以上の長さ(週や月、季節、年など)の名詞が後ろに来た時にinを置きます。次にonは時間の長さが一日の時に基本的には用います。最後にatは5時など一時間単位の名詞が来た時に用いられます。もちろん、in the morningなど例外もありますが、まずは基本イメージを覚えてしまいましょう!参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】