読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

「割り算=分ける」はダメ?分数の割り算を理解してもらうためには!?-数学嫌いな子のための簡単理解法-

中一数学

⑴分数の割り算とは?

 こんにちは!前回、分数の足し算の計算方法や、分数の掛け算については穴埋め式で理解できるように整理しました。分数の計算で数学の苦手な中学生が苦手意識を持つ部分の1つとして、分数の割り算があります。特に難しいポイントとしては、なんで分数の割り算は、「1/4÷1/3=3/4」のように答えが増えてしまうことがあるのかということだと思います。これまで「割り算=分ける=減る」と教えてもらってきた小学生、中学生にとって、この考えが分数の割り算の理解を阻害しているように思えます。

 

 そこで今回は分数の割り算がなぜ掛け算になって、分母と分子が逆になるのか、イラストを用いて理解できるようにしていきたいと思います!

 

 

⑵分数の割り算は「割り算=一人分の個数を調べる」で理解する!

f:id:bestkateikyoushi:20161209100708p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 分数の割り算は、本当に理解しにくいです。特に理解にくくしているポイントとしては、「割り算=分ける」なのに、分数の割り算では答えの数が増えてしまっているためです。そのため小学生では、計算はこうだよとだけ教わってしまっていることも多く、何が何だかよく分からないということが多いです。

 

 そのため、「割り算=分ける」という考えは取っ払って、「割り算=一人分の個数を調べる」というイメージに直すと分数の割り算も理解できるようになります。

 

 例えば、「1/4÷1/3=3/4」という式があるとします。この式の意味としては、「1/4個が、1/3人前だから、1人前に直すとどうなるか?」ということです。つまり、1/3人前を一人前(一人分)の個数に直すために、3倍するため、「1/4×3=3/4」とすることが出来るのです。

 

 

⑷最後に

 今回の教え方は僕自身で考え出した教え方のため、数学の専門家からしたら割り算の概念を変えるななど何か言われるかもしれません。しかし、実際に僕自身数学が苦手な生徒をこの方法で指導してきて、多くの生徒が理解できるようになってくれました。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】