読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

文字式の商・積(掛け算・割り算)の表し方を覚えよう!-数学嫌いな子のための簡単理解法-

中一数学

⑴文字式の商・積とは?

 こんにちは!前回、文字式の文字について話ました。その際、xやy、zのような文字式の文字は、具体的な数字を入れるためのハコで、ハコ(文字)に数字を入れて計算することができるということを話しました、今回からは具体的な計算の方法についてやっていきますが、基本的には数学が苦手な中学生でもある程度文字式の計算自体はできていることが多いです。しかし、文字式の積(割り算)になってくると、間違いも多くなっているような感じがします。

 

 そこで今回は、文字式の商・積(掛け算・割り算)の表し方について理解できるようにしていきたいと思います!

 

 

⑵文字式の商・積(掛け算・割り算)の表し方を理解する!

f:id:bestkateikyoushi:20161212101611p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 文字式の掛け算、割り算の表し方のポイントは、掛け算がそのまま省略、割り算は分数になるということです。掛け算はそれほど難しくはないですが、割り算に関しては分数にするというのは覚えていても、÷の前と後ろのそれぞれの数や文字が分数の上下どちらにくるか混乱していることが多いです。そのため、÷の前の数や文字が分数の上にきて、÷の後ろの数や文字が分数の下(分母)にくることに一番注意しておくと、今後他の問題が出てきたときにミスが少なくなります。(割り算の分数の作り方は方程式などでもよく出てきて、忘れている中学生が多いので)ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】