分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

文字を使った数字の表し方を覚えよう!-数学嫌いな子のための簡単理解法-

⑴文字を使った数字の表し方とは?

 こんにちは!前回、文字式の文章題の解き方手順について話ました。文字式の文章題のポイントとしては、設問中の文字を自分で具体的な数字に変えてみて、式を作ってイメージしてみるということでした。文字式の文章題の問題の出され方としては他にも「文字を使って数字を表せ」という問題が出題されることがあります。特に「文字を使って数字を表す」問題は、他の単元でも活用できるので、理解することが重要です。やや難しいですが、覚えてしまえばパターンが決まっているので、ここで一気に暗記してしまうといいと思います。

 

 そこで今回は、文字式の文字を使った数字の表し方のパターンをいくつか理解できるようにしていきたいと思います!

 

 

⑵文字を使った数字の表し方を理解する!

f:id:bestkateikyoushi:20161219114025p:plain

 

⑶覚え方のポイント

 上記で書いた4つのパターン以外にも文字を使った数字の表し方はあるとは思いますが、代表的なものはこの4つです。①から③はほぼ形で聞かれてきたり、これと同じように答えとして書けば良いだけなので簡単です。また、最後の④については「4で割ると3余る数」以外にも「3で割ると2余る数」など色々な数で問題が出てきますが、上記の赤の四角で囲んだ部分にも書いておいたように、「〇で割ると△余る数」は「〇n+△」とカタチはいつも同じであとは、穴埋め法でできるので形を覚えて応用できるようになればすらすらと出来るようになると思います。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】