分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

方程式の計算の手順を覚えよう!-数学嫌いな子のための簡単理解法-

⑴方程式の計算の手順とは?

 こんにちは!以前、方程式のルールを覚えよう!①等式のルールで、方程式の計算を行う上での基本になる4つのルールについて整理してきました。今回は、実際に方程式の計算を行っていく際に4つのルールをどの様な順序で用いていくか説明していきたいとと思います!

 

 

⑵方程式の計算の手順を理解する!

 

f:id:bestkateikyoushi:20170108105618p:plain

 

 

 

⑶覚え方のポイント

 方程式を解けとは、「x=~」と左側にxだけが残るような形にすることで、最終的に「x=~」の形にするために、手順に従って解いていくことが必要になります。方程式の解き方の手順は、大きく3つの段階に分けられます。始めに、文字(xなど)を含む項、つまりxなど文字がくっついている数を=(イコール)の左側に、文字を含まない項を=(イコール)の右側にそれぞれ寄せます。次に、「ax=b」(aとbはここでは具体的な数字)の形になるように、両側それぞれの数を計算します。最後に、「ax=b」を「x=~」の形にするために、「x=b/a」とa方程式の計算ルールに則って右側に移項します(/寄せます)。

 

 もちろん、より難しい計算問題になった場合、今回の3つの段階以外にも行う作業はあります。また、数学が苦手な中学生は作業が多くなる問題になった時に、今回紹介した3つの段階を忘れてしまうことが多いので、この手順の部分は難しい問題になっても使うことを意識しながら解けると、難しい問題になっても短い時間でマスター出来るようになると思います!ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】