読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

分数を含む方程式の計算の手順を覚えよう!-数学嫌いな子のための簡単理解法-

中一数学

⑴分数を含む方程式とは?

 こんにちは!以前、方程式のルールを覚えよう!①等式のルールで、方程式の計算を行う上での基本になる4つのルールについて整理してきました。さらにその後、方程式の計算の手順を覚えよう!という記事で、方程式の基本的な計算手順について話ました。今回は、方程式の計算のルールを用いつつ、基本の方程式の計算をさらに応用して、分数を含む方程式の計算について説明していきたいとと思います!

 

 

⑵分数を含む方程式の計算の手順を理解する!

 

f:id:bestkateikyoushi:20170109081641p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 以前、方程式の計算の手順を覚えよう!で基本の方程式の計算には大きく3つのステップがあり、その順番で方程式の計算を行うということを話しました。今回のように分数を含む方程式を解く際は、基本の3つのステップの前に分数を整数に直す作業を増やすだけです。

 分数を整数に直す際の手順としては①方程式の中にある分数の分母の最小公倍数を明らかにする、②①の最小公倍数を両辺にかけるという2つのステップで成り立っています。

 この時、なぜ両辺に最小公倍数をかけることができるのかという理由については、方程式のルールを覚えよう!①等式のルールや、小数を含む方程式の計算の手順を覚えよう!の時に説明したように、両辺に同じ数をかけても両辺が釣り合った状態を保つことはできるため、両辺に同じ数をかけることが出来ます。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】