分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

集団討論でリーダー(司会)として高評価を得るには?―地方公務員集団討論対策

⑴リーダー(司会)になった時にはどうするか?

 こんにちは。今回は、もし集団討論でリーダーになった場合に、どの様に議論を方向付けていき、まとめていくことで高評価を得ることが出来るかについて話していきたいと思います。 

 

⑵リーダー(司会)の3つの役割を理解する

 

 以前、集団討論の評価ポイントを知ろうという記事の中で、集団討論における各メンバーの役割とそれぞれの役割に求められる行動を整理しました。その中で特に分担する役割としてリーダー(司会)、タイムキーパー、書記という3つの役割があります。その中でも今回紹介するリーダー(司会)の役割として、

f:id:bestkateikyoushi:20170129200832p:plain 

 上記の3点があることを話しました。今回はこの3点の役割を果たすために具体的にどの様に話すのかを1つずつ説明していきます。

 

 

⑶グループでの議論を活性化させる

 まず一つ目は、「グループの議論を活性化させる」ということです。そのために全てのメンバーの意見をひき出すことが重要です。集団討論では自分の意見を言えるメンバーもいる一方で、全てのメンバーがはっきりと言えるわけではありません。しかし、リーダーとして高評価を得るためには、消極的なメンバーの意見も言えるような議論の場を形成する必要があります。

 

 しかし、だからといって全ての消極的なメンバーに「意見ありますか?」と単純に聞くだけでは、もしもそのメンバーが意見を考えていなかった場合、意見を言えず議論が停滞しかねないです。

 

 そこで、状況に合わせてオープン・クエスチョン/クローズド・クエスチョンを使い分ける必要があります。

 

 例えば、消極的なメンバーが自分の意見を言いたいけど議論の流れに乗れない場合は、「○○さんは~~という意見だけど、△△さんはどう思いますか?」などのオープン・クエスチョンを使うことが出来ます。その一方で、意見を考える前に議論の流れについていくのがやっとの感じのメンバーには、「ここまで、~~という議論の流れだったけど、これで大丈夫ですよね?」とクローズド・クエスチョンを名指しで聞くことによって、議論に入るスキを与えることが出来ます。

 

 このように、質問方式を柔軟に変えていくことで、より多くのメンバーを巻き込んだ話し合いを行うことが出来ます。

 

 

⑷議論を方向付ける

 リーダー(司会)の大きな役割としては、討論の始めに議論のアジェンダ(フレームワーク/話し合いの順序)を組んで、メンバーに共有することです。この点に関しては、すでに集団討論通過極意!合意形成の方法を知る!①というページの中に記載しているため、確認してみてください。

 

 

⑸最終的に意見を収束させる

 メンバーから出てきたアイデアを最終的にまとめることも重要な作業です。意見を制限時間内にまとめられないと、チーム全体として大きく減点となります。もちろん、リーダーが一人で「○○というアイデアにする!」ということではありません。メンバーと協力してアイデアを絞っていくことが重要です。どの様にアイデアを収束させるかについても、集団討論通過極意!合意形成の方法を知る!③という記事に記載しましたので、確認してみてください。

【スポンサーリンク】