読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

随筆(エッセイ)の解き方のポイントを理解しよう!③-高校受験国語対策

⑴はじめに

 こんにちは!前回、読解問題の3つの形式を理解しよう①という記事で、高校入試の国語(現代文)の読解問題で出題される文章形式としては大きく「論説文」「随筆(エッセイ)」「小説」の3つに大別されるということを話しました。そして、なぜこれらの3つを区別する必要があるかというと、文章形式ごとの文章の見方が異なり、解き方のコツも違ってくるため、しっかりと区別しておいた方が解き方を整理しやすいためです。

 

 そこで今回は、二つ目の「随筆(エッセイ)」の解き方のコツに絞って話していきたいと思います!

 

⑵「随筆(エッセイ)」の解き方ポイント

 

f:id:bestkateikyoushi:20170130232251p:plain

 

 

⑶「随筆(エッセイ)」とは?

 「随筆(エッセイ)」とは、前回読解問題の3つの形式を理解しよう①でも話したように、筆者が心に思い浮かんだことや、見聞きしたことの感想などを自由に書いた文章のことです。筆者の意見を書くという点では一つ目の「論説文」と似ていますが、「随筆(エッセイ)」は「論説文」と比べるとデータなどが少なく、主観的なことが多いです。今回はこのような「随筆(エッセイ)」を読み解くうえでポイントとして以下に2つ挙げました。

 

 

⑷文章の要旨を捉える!

 まず一つ目にポイントとなるのが、「文章の要旨を捉える」という点です。「要旨」とは噛み砕いていうと「筆者の言いたいこと」であり、この点は論説文の解き方のポイントを理解しよう!②で話した論説文の解き方のポイントの1つと同じです。「論説文」の読解と同様に「随筆(エッセイ)」も「筆者が一番言いたいことは何か?」を気に掛けることが重要ですその点が明確になると、「筆者は文章中の各部分はなぜあるのか?」が分かるようになります。

 

 そして、「文章の要旨を捉える」ためには、「筆者の感想・意見」と「事実や出来事」を分けて読み進めることが重要です。両者を見分け、「筆者の感想・意見」をより集中してみることが出来るようになることで、筆者は何が言いたいのかという要旨を捉えることが出来るようになります。

 

 「筆者の感想・意見」と「事実や出来事」の見分け方ですが、特に「筆者の感想・意見」の文章は「‥‥と思った。」や「‥‥と考える」、「楽しかった」、「確かに‥‥だ」といった部分になります。「楽しかった」のように、感情表現が含まれる部分は「筆者の感想・意見」になるので、要チェックになります。

 

 

⑸比喩などの表現技法を正確に捉える!

 次のポイントは「比喩などの表現技法を正確に捉える」という点です。比喩(ひゆ)とは、物事の状態や様子を他の物事に例えて表現する表現技法のことで、比喩のなかにも「直喩(ちょくゆ)」や「暗喩(あんゆ)」など区分けされています。「直喩」や「暗喩」など違いは少し長くなるので説明は別の時にしますが、とにかく比喩とは、「今日の月はバナナのようだ」や「彼は鳥だ」のように物事を他の物事に例えた表現です。

 

 なぜ「比喩などの表現技法を正確に捉える」ことが重要になるかというと、随筆において筆者の言いたいことは、比喩など筆者独特の表現で説明されることが多いからです。つまり、比喩の部分の意味を正確に読み解くことで、筆者は何が言いたいのか要旨が明確になります。

 

 

⑹最後に

 今回は「随筆(エッセイ)」を読み解く上での代表的な2つのポイントについて話ました!「論説文」と似ている部分もありましたが、比喩を捉えるなど異なる部分もあり分けて考えるのは当初は難しいと思います。また、解き方のコツは上記以外にもありますが、まずは代表的なものだけでも理解できればと思います。ぜひ参考にしてみてください!

 

※関連記事

読解問題の3つの形式を理解しよう!①-高校受験国語対策

論説文の解き方のポイントを理解しよう!②-高校受験国語対策

随筆(エッセイ)の解き方のポイントを理解しよう!③-高校受験国語対策

小説の解き方のポイントを理解しよう!④-高校受験国語対策

【スポンサーリンク】