分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

小説の解き方のポイントを理解しよう!④-高校受験国語対策

 

 

はじめに

 こんにちは!前回、読解問題の3つの形式を理解しよう①という記事で、高校入試の国語(現代文)の読解問題で出題される文章形式としては大きく「論説文」「随筆(エッセイ)」「小説」の3つに大別されるということを話しました。そして、なぜこれらの3つを区別する必要があるかというと、文章形式ごとの文章の見方が異なり、解き方のコツも違ってくるため、しっかりと区別しておいた方が解き方を整理しやすいためです。

 

 そこで今回は、三つ目の「小説」の解き方のコツに絞って話していきたいと思います!

 

「小説」の解き方ポイント

f:id:bestkateikyoushi:20170130233130p:plain

 

 

「小説」とは?

 「小説」とは、前回読解問題の3つの形式を理解しよう①でも話したように、物語形式の文章のことです。筆者の言いたいことを聞き手に伝える「論説文」や「随筆(エッセイ)」とは大きく異なり、物語の主題や、登場人物の心情の変化について性格に読み取る必要があります。今回はこのような「小説」を読み解くうえでポイントとして以下に2つ挙げました。

 

 

登場人物/時間の流れを正確に捉える!

 まず一つ目にポイントとなるのが、「登場人物/時間の流れを正確に捉える」という点です。この点は「論説文」や「随筆(エッセイ)」とは大きく異なり、「登場人物の心情やその変化」が問題として多く出題されます。また、「小説」形式の問題が苦手な中学生が点数の上がらない要因としては、文章内の時間の流れが把握できず登場人物の心情の変化も読み取ることができないということが多くあります。

 

 そこでまずは、問題を解く前に文章内で「どの様な人物が出てきたか」、「時間の流れはどの様になっているか」を正確に捉えることで、心情の変化などが理解できるようになります。

 

 

登場人物の心情を正確に捉える!

 次のポイントは「登場人物の心情を正確に捉える」という点です。「小説」形式の問題において「登場人物の心情の読み取り」が最も出題されやすい形式になるのですが、これが一番難しいと思います。

 

 

 「登場人物の心情を正確に捉える」ための方法としては、①登場人物の動作、②登場人物の表情、③登場人物の言葉や声の調子、④情景描写から捉えるという方法が代表的です。

 

 一つ目の「登場人物の動作」とは、登場人物の動作から心情を推測する方法です。例えば「先生の対応に、祐輔はぐっと唇をかみしめた。」といった場面の「祐輔」の心情はおそらく先生の対応に納得がいかず、不満や怒りを抑え込んでいると考えられ、動作から読み取ることが出来ます。

 

 二つ目の「登場人物の表情」とは、登場人物の表情から心情を推測する方法です。例えば「祐輔の顔が徐々に青ざめていった。」と言った表現から「祐輔」は徐々に不安や恐怖心にかられている心情を読み取ることができます。

 

 三つ目の「登場人物の言葉や声の調子」とは、登場人物の言葉や声の調子から心情を推測する方法です。例えば、「『こんなことになるなら、行かなければ良かった』と祐輔は弱々しく言った。」と言った表現から「祐輔」は後悔しているということが分かります。

 

 四つ目の「情景描写」から捉えるとは、文章中の情景を表す表現が、登場人物の心情を重ね合わせていることがあり、その情景描写から登場人物の心情を推測する方法です。例えば、「祐輔の頭上には、雲一つない夕焼け空が広がっていた。」と言った表現から、「祐輔」は清々しい気持ちであるということを読み取ることができます。このように、直接的な心情を表す表現以外からも登場人物の心情を表すことができ、問題として出題されやすいです。

 

 

主題(テーマ)を読みとる!

 最後のポイントとしては、「小説の主題を読み取る」という点です。「小説の主題」とは、作者が一番言いたいことです。「小説の主題」自体は設問として頻出ではないですが、小説を正確に読み進めていくうえでは重要になります。

 

 主題を読み取る上でポイントになるのが、「あらすじをつかむ」、「物語の山場をつかむ」という2点で、特に「物語の山場」は問題が出題されやすい部分でもあるので、どこだか分かるようにすることが大切です。

 

 

最後に

 今回は「小説」を読み解く上での代表的な2つのポイントについて話ました!「論説文」や「随筆(エッセイ)」とは大きく異なり、解き方のポイントが異なってくるので分けて考える必要があります。解き方のコツは上記以外にもありますが、まずは代表的なものだけでも理解できればと思います。ぜひ参考にしてみてください!

 

※関連記事

読解問題の3つの形式を理解しよう!①-高校受験国語対策

論説文の解き方のポイントを理解しよう!②-高校受験国語対策

随筆(エッセイ)の解き方のポイントを理解しよう!③-高校受験国語対策

小説の解き方のポイントを理解しよう!④-高校受験国語対策

【スポンサーリンク】