読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

短歌の表現技法を理解しよう!-高校受験国語対策

高校受験国語対策

⑴はじめに

 こんにちは!前回、詩の表現技法を理解しよう!という記事で擬人法や比喩など代表的な詩の表現技法について整理しました。そこで今回は前回に少し関連して短歌の表現技法について整理していきたいと思います!

 

⑵短歌とは何かを理解する!

 短歌とは、「五・七・五・七・七」の五句から成る定型詩のことで、小説などとは異なり短い句の中で、作者の心情や考えを短歌から見えてくる情景や表現をもとに考える必要があります。現代語で書かれた短歌もありますが、高校受験でよく使われるのは昔の歌集である「万葉集」や「古今集」、「新古今集」と言った歌集から出題されます。

 

 

⑶短歌の表現技法を整理する!

 

 次に短歌の表現技法についてです。短歌の表現技法を理解するのは難しいと思いますが、ある程度どのような表現技法があるのかまずは言葉だけでも覚えておくと便利です。

f:id:bestkateikyoushi:20170202111835p:plain

 以上の表現技法が短歌の代表的な表現技法となっています。今回は、それぞれについてすべて網羅することはできないので、下記に参考サイトを載せておきます。

 

『主要枕詞一覧表 中学受験 学習用資料』

『和歌の入門教室 掛詞』

『和歌の入門教室 縁語』

 

 

⑷最後に

 今回は短歌の表現技法について話しました。短歌は表現技法を全て覚えるのは無理だと思いますが、どのような技法があってそれぞれ代表的な実際の表現は何かだけでもおさえておくといいと思います!ぜひ参考にしてみてください!

 

 

※関連記事

読解問題の3つの形式を理解しよう!①-高校受験国語対策

論説文の解き方のポイントを理解しよう!②-高校受験国語対策

随筆(エッセイ)の解き方のポイントを理解しよう!③-高校受験国語対策

小説の解き方のポイントを理解しよう!④-高校受験国語対策

詩の表現技法を理解しよう!-高校受験国語対策

【スポンサーリンク】