分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

合否を分ける1日30分の勉強を疎かにすることは、毎日20万円を捨てているのと同じだ!

⑴はじめに

 こんにちは。今回は、大学受験勉強のモチベーションをアップさせるための話、特にお金に関連する話についてしていきたいと思います。

 

受験勉強を開始すると、塾の先生や家族などから「難関大学出身の社会人の方が生涯賃金は高くなるから難関大学に合格した方がいい」ということを言われたことはあるでしょうか?例えば、以下のサイトを見てみて下さい。

 

doda.jp

 

 上記のランキングは出身大学ごとの社会人の平均年収のランキングです。国内総合大学のランキングを見ると、一位はやはり東大で、上位には京大、一橋大学、慶応大学など難関大学がランクインしており、難関大学に合格できた方が将来的に選択できる職種の幅も広がり、生涯賃金も高くなるというのは分かると思います。

 

 しかしその一方で、以下のサイトのデータを見ても分かるように、難関大学に合格するためには人一倍勉強をする必要があるというのが分かると思います。

 

[受験生夏休み・休日平均勉強時間]

kou.benesse.co.jp

[受験生高3一日の平均勉強時間]

www.toshin.com

 

 

⑵難関大に合格した方が将来の選択肢も増える

 もちろん、上記のように出身大学だけで年収は決まるわけではなく、大学進学後や入社後の努力も必要になってくると思います。また、難関大合格のための勉強も、時間という「量」も重要ですが、勉強時間をどう有意義に活用するかという「質」も必要になってきます。

 

 そのため、難関大合格がゴールではないということと、給料の多い少ないだけが幸せの尺度ではないこと、受験勉強は「質」も意識して勉強してほしいということは付け加えておきます。

 

 ただし、上記のように自分の人生(家の購入や趣味、結婚子ども計画など)の選択肢などを増やすため、給料が高いにこしたことはないと思います。そしてそのためには、難関大合格者の一日の勉強時間のデータからも分かるように、より多くの勉強時間を確保して勉強することが重要になってきます。

 

 

⑶大学のレベルによってどれほどの生涯賃金の差が生まれているのか?

先ほどの出身大学別年収ランキングを見ると、東京大学出身者の平均年収は729万円で、京都大学出身者の平均年収は677万円と最難関大学出身者の平均年収は大体700万円となっています。その次の慶応義塾大学や早稲田大学など難関大学出身者の平均年収は632万円、572万円と、大体600万円となっています。その他の大学群も以下のように各大学の平均年収から各大学群での大体の平均年収の違いが見えてくると思います。

f:id:bestkateikyoushi:20170212115439p:plain

 

 そして、これらの平均年収を23歳で就職して65歳まで(42年間)貰ったと仮定すると、各大学群で生涯賃金に以下のような差が生まれてきます。

 

f:id:bestkateikyoushi:20170212115542p:plain

 

 しかし、生涯賃金や年収の話をしても何百万、何億の話で実感がわいてこないと思います。そのため、モチベーションを上げるためにこの話をされても、なかなか勉強しようという実感がわきにくいと思います。

 

 

⑷合否を分ける30分の勉強はどれだけ価値があるのか?

 そこで、今回は先ほどの難関大学現役合格者(慶応・早稲田など)と不合格者(MARCHレベル合格者と仮定)の高3時一日の平均学習時間の違いのデータをもとに、一日30分多くの勉強を疎かにすると、毎日どれだけ損をしているか以下の表を見てください。

 

f:id:bestkateikyoushi:20170212115618p:plain

※注;ここは読み飛ばしてもらっても結構なのですが前提として、高校3年時の一日平均時間だけを基にして、受験勉強が本格化する3年生の6月から3年生の2月までの約200日の間1日30分の差があったと仮定して計算しています。

 

 上記の計算からも分かるように、1日30分の勉強を疎かにすると、毎日21万円損していることになります。これは逆に言うと、毎日30分多く勉強することは、30分21万円のアルバイトをしていることと同じということになります。将来大学生になったらアルバイトをすると思いますが、30分21万円のアルバイトなんてほぼ存在しません。飲食店のアルバイトで1時間1000円くらいなので、価値が大分違います。

 

 

⑸30分が如何に重要なものか理解することが重要

 今回の計算は難関大合格者などの平均的なデータから推測したもので、簡略化した仮定の下での推測なのでもちろん絶対的な数値ではないです。また、短い勉強時間で合格できた方が生産的ではありますが、そのような点はご了承下さい。

 

 ただ、今回の話で合否を分ける1日30分の学習にどれほど価値があるものかわかっていただけたと思います。これから毎日勉強しているとモチベーションが上がらない日もあると思います。そういった時には、30分の価値を思い出して、自分に妥協することのないように頑張ってください!

【スポンサーリンク】