分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

「あなたの短所は何ですか」の答え方と準備のコツ-公務員面接Before-After

 

 

短所は最頻出の質問のうちの1つ!

こんにちは。今回は、公務員面接でよく聞かれる質問の一つである「あなたの短所は何ですか」という質問の答え方の準備のコツについて話していきたいと思います。この質問もどの自治体でも共通してよく聞かれる質問の一つで、「長所と短所を〇分以内で答えてください」と長所とセットで聞かれることもあるので、事前にしっかりと準備しておく必要があります。僕も面接で聞かれることが何度もあり、はじめて聞かれた時には短所の準備はあまりしておらず、上手く伝えることが出来なかったことを覚えています。

 

自分の長所を考えるより短所を見つける方が容易かもしれません。もちろん、自分の短所をそのままさらけ出してしまうことは誠実ではあるのですが、逆に評価が下がってしまう可能性があります。そこで、評価を下げないための短所の答え方のポイントについて話していきたいと思います!

 

 

受験生の多くはココを間違える!

あなたの短所は何ですか。

Photo by All Solhouettes / Adapted

私の短所は周りに流されて行動してしまうところだと思います。大学一年生の時のサークル活動への入部の際に、本当はバスケットボールサークルに入りたかったのですが、友人に誘われてバトミントンサークルに入部することになってしまいました。このように、自分の意思ではなく、周りの言動によって行動を変えてしまうことが多いです。

Photo by All Solhouettes / Adapted

上記の例は自分の短所はしっかりと根拠づけて話せており、話の構成としては良く、自分の短所をしっかりと分析出来ているとは思います。しかし、しっかりと自分の短所を分析出来ているからこそ、さら以下の事柄に気を付けてエピソードを付け加えると評価が上がります。それが 

短所克服のための努力を付け加える

 

ということです。なぜなら、面接官が短所は何かと質問する時、何を知りたいかというと、

自分の短所をしっかりと分析出来ているか

短所克服のために努力できる人間か

 

という点だからです。つまり、上記の回答例は、自分の短所についてはしっかりと分析出来ていましたが、その短所を克服する努力を伝えることができれば、より評価の高い回答をするのです。特にしかも、上記の回答例のように大学1年生の時点から今に至るまで周りに流されやすい性格のままとなると、改善しようと努力しようとしなかったのかと思われてしまう可能性もあります。そのため、短所を無理に克服する必要はないと思いますが、何か克服のために行ったエピソードを付け加えるといいです。

 

 

答える時は2つのポイントに気を付ける!

それでは、どの様に答えるのが好ましいのか。その答え方のポイントが、下記の2点になります。 

明らかに印象を悪くする短所は言わない

短所克服のために努力したエピソードを付け加える

 

明らかに印象を悪くする短所は言わない

一つ目のポイントは明らかに印象を悪くする短所は言わないということです。これは何となく理解はできると思いますが、例えば、「私の短所は人の事を考えない自己中心的なところです。」とか「誰の意見も聞かないところです。」と強すぎる短所を面接で言うとどうなるでしょうか?この後に短所を克服したエピソードを言ったとしても悪い印象が強すぎて評価が下がってしまうと思います。

 

明らかに印象を悪くしてしまう短所かそうでないかの線引きは難しいとは思いますが、公務員の仕事は人間関係が重視されるので、「人の話を聞かない」とか、「自己中心的」など自分勝手な部分はあまり言わない方が良いと思います。

 

短所克服のために努力したエピソードを付け加える

二つ目のポイントが短所克服のために努力したエピソードを付け加えるということです。短所を聞かれてはいるのですが、短所克服のために努力したということを伝えることによって、短所のエピソードを長所に変えることが出来ます。

 

例えば、今回の「周りに流されやすい短所」のエピソードを例に使うと、「当初は周囲の意見に流されてしまっていて自分の意見を言うこともできなかったが、もっと主体性を持たなければだめだと感じ、一日一回は相手に自分の意見を伝えるという目標を立てて実行した結果、以前に比べると自分の意見も言えるようになった」と説明することで、面接官にも「この受験生はしっかり自分の課題を認識して、克服のために努力できる人なのだな」と好印象を与えることが出来ます。

 

上記のポイントを踏まえた回答例

あなたの短所は何ですか。

私の短所は周りに流されて行動してしまうところだと思います。大学入学当初まではサークル選びにも友人の意見に流され自分の意見を伝えることが出来ませんでした。しかし、これではいけないと感じ、在学時にはまず一日一回は自分の意見を相手に伝えるという目標を持って実行し、少しずつ改善する努力をしてきました。

 

短所と克服のための改善策を準備する!

最後に、短所の回答例をどのように準備するかについてですが、短所は、「自分の短所」➡「短所を裏付けるエピソード」➡「短所克服のためのエピソード」の3点を考えて、わかりやすく伝えられるように準備することがポイントです。「短所ってどんなことを言えばいいのか分からない!」という受験生もいると思いますが、(http://kenjasyukatsu.com/archives/2000)と言ったサイトなどを見てみると、就活でつかえる短所が一覧で載っています。回答例も載っているので、困った時はそういったサイトを参考にするといいと思います!

 

【スポンサーリンク】