分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

「ワルラス的価格調整過程」「マーシャル的価格調整過程」「クモの巣理論」の違いは?-公務員試験ミクロ経済学

こんにちは、カズ!昨日はサークル早退してたけどどうしたの?

えっと、昨日は夜、スーパーで値引きされたお弁当を買うために早く帰りました。最近金欠でやばいので...。

そうだったんだ。確かにスーパーって閉店間際になると売れ残っている商品が安くなったりするからありがたいよね。スーパーの惣菜の値引きの話も実はミクロ経済学の需要曲線と供給曲線の均衡の話に結び付けられるよ。

どうやって結びつくんですか?

「需要と供給」は一致するという話を今まで勉強したことがあると思うんだけど、始めから需要と供給は一致しているわけではなくて、市場で数量と価格が調整されながら一致するよ。その調整過程として、公務員試験では「ワルラス的価格調整過程」「マーシャル的価格調整過程」「クモの巣理論」が出題されるんだ。今日はその三つの違いについて学んでみよう!

需要と供給の調整とは?

まず、経済学では消費量を表す「需要」と、企業などの生産量/販売量を表す「供給」は一致することを想定しています。グラフ上で表した時、以下のように通常右下がりの曲線が「需要曲線」で、右上がりの曲線が「供給曲線」になります。そして、「需要曲線」と「供給曲線」の交点が均衡点となり、以下の図のように交点Eの時の取引量と価格で均衡します。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184629p:plain

需要と供給

[出典]「需要と供給

この均衡点における取引量、価格で長期的に安定します。しかし、現実には均衡点は始めから決まっているわけではなく、企業による価格調整や取引量調整によって均衡へ収束します。不均衡の状態から均衡状態へどのようなプロセスを経るのかという違いが「ワルラス的価格調整過程」「マーシャル的価格調整過程」「クモの巣理論」になります。そして、それぞれの調整方法の違いには、「価格」「財の数量」が大きくかかわってきます。また、「クモの巣理論」においては、価格」と「数量」のほかに、時間という要素も関わってきます。

図:「需要曲線と供給曲線の均衡の安定」

 

 

ワルラス的価格調整過程」とは?

まず、「ワルラス的価格調整過程」は「需要」と「供給」の不均衡が「価格」主導で調整されるという考え方になります。例えば今スーパーで、そして、100個分のお弁当を事前に準備し、1個500円で販売しようとしていたとします。しかし1個500円では1日で50個しか売れなかったとします。この時、翌日は廃棄をなくせるように価格を安くすることで、お弁当の取引量を調整しようとします。

図;ワルラス的価格調整過程

価格を安くするとより多くの消費者も購入したいと思うようになるため、需要量も増加します。その結果、250円の時、売りたいと思う供給量と、買いたいと思う需要量が75個で均衡するため、スーパーは今後250円で75個一日に販売すればいいことになります。

 

このように、価格を上げたり下げたり調整することによって需要と供給を一致させるという考え方を「ワルラス的価格調整」と言います。スーパーの食品のような長持ちしない財を経済学では「非耐久財」と呼びますが、「ワルラス的価格調整」は「非耐久財」の場合に当てはまるとされています。

 

 

「マーシャル的価格調整過程」とは?

次に「マーシャル的価格調整過程」とは、財の「数量」主導で「需要と供給」の不均衡が調整される考え方になります。こちらは先ほどの「ワルラス的価格調整過程」の場合とは異なり、自動車や住宅など長持ちする「耐久財」の市場の均衡を考える際に用いられる考え方になります。

 

なぜ「耐久財」の場合に当てはまるかというと、例えば自動車とか住宅などの「耐久財」は、食品などの「非耐久財」よりは高価で作るのに手間がかかります。そのような「耐久財」は、価格が上がったり下がったりしたとしても、販売量をすぐに変えるのが困難です。例えば、ある自動車メーカーが5台の車を生産したとします。メーカーの人たちは1台100万円で売れればいいと思っていたとしても、市場には100万円以上でもいいから買いたいと思っている消費者がたくさんいるとします。

図;「マーシャル的価格調整過程」

自動車メーカーは、今期製造台数をすぐに変更することはできないため、来期に生産台数を増やして対応しようとします。その結果、生産量が15台、1台150万円のときに均衡します。

 

このように、「マーシャル的価格調整過程」の考え方に基づくと、市場で需要と供給の不均衡があったとしても製造に時間がかかるため、スーパーのお弁当の例みたいにすぐに価格を変えて販売量を調整するっている「価格」主導の調整ではなくて、生産ラインを拡大したりなど「数量」を調整する過程で不均衡が解消されていくという「数量」主導の調整になります。

 

 

「クモの巣理論」とは?

「クモの巣理論」っていうのは、調整の不均衡が解消されるまでの時間が他の2つの考え方に比べると遅いモデルになります。「ワルラス的価格調整過程」は、スーパーの例から分かるように、価格を下げたり上げたりすることによって不均衡を解消するだけのため、調整速度は速いです。また、「マーシャル的価格調整過程」は、財の生産計画を変えたり生産ラインを拡大したりなど「数量」調整のため、「ワルラス的価格調整過程」よりも調整速度は遅くなります。

 

そして、「クモの巣理論」はその2つよりもさらに調整速度の遅いモデルになります。「クモの巣理論」は農産物など「生産」と「消費」に時間のずれがある財にあてはまるとされていています。例えば、今市場にはリンゴのみがあるとして、図5中の数量10個が今年の生産量だとします。

図;「クモの巣理論」

数量10個だと需要と供給は不均衡で、リンゴ農家の方は1個100円で売れればいいと思っていますが、消費者は500円の価値があると考えています。この時、農家は500円で売れると思い、来期には25個販売しようとします。

 

しかし、25個も市場あっても、500円の時には高すぎて購入する人は多くないため、不均衡が未だ生じてしまいます。そのため、来期には200円で販売できる量のみ生産して販売します。しかしまだ需要と供給に不均衡が生じているため、農家は生産量をまた変えたりします。このプロセスを繰り返して、最終的に需要と供給の一致する交点に均衡します。この過程が「クモの巣」のようなので、「クモの巣理論」と呼ばれています。最終的に均衡に至るまで、「ワルラス的価格調整」や「マーシャル的価格調整」と比べて時間がかかります。

【スポンサーリンク】