分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

市場均衡とは?-公務員試験ミクロ経済学

あっ、先輩、こんにちは!

あ、こんにちは、カズ。今お腹すいてる?さっき、バイト先でドーナツたくさん貰ってきて余ってるから食べる?

はい!ありがとうございます!そういえば、今日から公務員試験対策講座でミクロ経済学の講義が始まりました。第一回目の授業は「需要と供給」について勉強したのですが、最初からちんぷんかんぷんでした…。

経済学は初学者にとっては難しいかもね。でも、私が持ってきたドーナツを使ったり身近なものを使ってミクロ経済学って理解することができるよ!今日は、「需要と供給」について考えてみよう!

市場(しじょう)とは?

まず、ミクロ経済学で重要なキーワードとして「市場(しじょう)」という用語があります。ミクロ経済学ではこの「市場」を通じてモノやサービス、労働力などのやり取りが行われていると想定して、経済活動を分析します。ミクロ経済学では、大きく2つの市場があり、一つは、企業から消費者(家計)がモノやサービスを購入する「生産物市場」、もう一つは家計から企業へ労働力などを提供する「生産要素市場」です。

f:id:bestkateikyoushi:20190919155757p:plain

ミクロ経済学の市場

[参考]「わかりやすく経済学教室 ぴーすけ講座

但し、ミクロ経済学では基本的に断りがなければ「市場」はモノやサービスのやり取りを行う「生産物市場」のことを言います。次に、市場にはどのような人たちがいるのかを知ることが市場を分析する上で、とても重要になってきます。市場には3つの主体が存在します。まず、モノやサービスを提供する供給者です。供給者は企業のようにモノやサービスを販売する売り手のことを指します。二つ目にモノやサービスを購入する需要者がいます。需要者とは買い手である消費者を指します。三つ目に政府がいます。政府は市場で何か問題が起こった際などに介入する主体で、問題によっては出てこないこともあります。

 

 

需要曲線とは?

市場を通じて需要者である消費者と、供給者である企業は財やサービスのやり取りを行いますが、ミクロ経済学ではこのやり取りを以下のような図に表すことによって分かりやすくしています。それが市場均衡分析になります。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184629p:plain

需要と供給

出典;『需要と供給

そしてまず、消費者(需要)側は、「需要曲線」によって表されます。「需要曲線」とは、「ある財について、ある価格ならどれくらいの買い手によってその財が買われるかという需要量と価格の関係を表した曲線」を言います。より分かりやすく言うと、「あるモノやサービスが、いくらならどれだけ市場で購入されるか?」という財の価格と消費量の関係を表したものになります。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184758p:plain

需要曲線

[出典]「わかりやすく経済学教室 ぴーすけ講座

原則的に需要曲線は上記のように右下がりの曲線になります。なぜ右下がりになるかというと、例えば、今この世の中(市場)に消費者は2人しかいないとします。そして、市場にはドーナツを売っている会社は数社あるとします。そして、消費者の一人(カズ)はドーナツが好きですが、もう一人の消費者(先輩)はドーナツのことが好きでも嫌いでもなく普通だとします。

 

この時、当初ドーナツ会社は1個100円で販売したとします。その時、ドーナツ好きな消費者(カズ)は購入しますが、ドーナツ好きでもないもう一人の消費者(先輩)は100円なら買わないとすると、市場では100円の時ドーナツ1個のみ需要されることが分かります。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184812p:plain

ドーナツの需要

次にドーナツ1個の値段が80円だった場合を考えます。80円なら安いためドーナツ好きではないもう一人の消費者(先輩)も買ってもいいかなと考えたとすると、80円の時ドーナツの需要量は2個になります。今回は消費者が2人のみでしたが、もっと消費者が多く市場にいるとした場合、ドーナツの値段が安くなると消費量も多くなっていきます。この値段と消費量の関係を表したのが以下の右下がりの需要曲線になります。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184758p:plain

需要曲線

[出典]「わかりやすく経済学教室 ぴーすけ講座

縦軸が100円の時、横軸の需要量が1で、縦軸が80円の時、横軸の需要量が2となっています。

 

 

供給曲線とは?

次に、企業などモノやサービスの売り手である供給者について表したグラフが「供給曲線」となります。「供給曲線」とは、「ある財について、ある価格ならどれくらいの売り手によってその財が売られるかという供給量と価格の関係を表した曲線」になります。より分かりやすく言うと、「あるモノやサービスが、いくらならどれだけ市場で企業が販売したいと思うか?」という財の価格と生産量/販売量の関係を表したものになります。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184741p:plain

供給曲線

[出典] 「わかりやすく経済学教室 ぴーすけ講座

供給曲線は、需要曲線とは異なり原則として右上がりの曲線になります。なぜ右上がりになるかというと、企業は利潤を追求するため、販売価格が高ければ高いほどたくさん販売したいと思うからです。また、完全競争市場の場合には、無数の会社が存在していると仮定するのですが、値段が高ければ高いほど1個生産する際のコストが高くなっても利益が出るため、技術力のない会社でも参入できるようになります。

 

例えば、さっきのドーナツを例にすると、市場には企業Aと企業Bがいるとします。もし企業Aはドーナツを1個作るのに70円で作ることが出来る(1個作るコストが70円)一方で、企業Bはドーナツを1個作るのに90円かかる(1個作るコストが90円)としたら、価格が80円の時は企業Aしか利益を得られないため、企業Aしかドーナツを作らなくなりますが、もし価格が100円になったとしたら企業Bもドーナツを作っても利益を得られるようになるのでドーナツを作るようになります。つまり、価格が上がると少しコストが高くても作れる企業が増えてくるから供給曲線は右上がりになるのです。

 

 

市場均衡とは?

最後に、上記の「需要曲線」と「供給曲線」を同じ図上に図示した時のグラフを見ていきたいと思います。

f:id:bestkateikyoushi:20190922184629p:plain

需要と供給

出典;『需要と供給

ドーナツ一個の価格が1,000円の時、ドーナツの販売事業に参入する企業は増えるため、供給量は高くなります。例えば、1,000円のドーナツを100個販売していたとしても、高すぎて買う人は少なくなってしまうため、需要量は少なくなってしまい、市場内で供給量と需要量のギャップができてしまいます。その結果、企業は安くせざるを得なくなり、コストの高い企業が淘汰され、供給量・価格ともに減っていきます。その結果、需要量と供給量がマッチした点、即ち均衡点Eで価格・生産量が安定することを市場均衡と言います。

 

「需要と供給」が均衡するという考え方は、経済学においてとても重要な考え方のため、絶対に理解しておく必要があります!

【スポンサーリンク】