分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

供給の価格弾力性とは?-公務員試験ミクロ経済学

あっ、先輩、こんにちは…。

こんにちは、カズ。お疲れだね、どうしたの?

はい、先日まで海外に旅行に行ってきたのですが、市場で買い物をするときによく高い値段をふっかけられたので値段交渉が大変でした。

そうだったんだ。大変だったね。外国人なら相場も分からないし、高く売りたいと思うからね。

はい。僕が安い値段を言うと、相手も無理だって言ってくるので大変でした。

うんうん。価格が安いと「供給の弾力性」が高くなることがあるから、値下げに応じてくれないこともあるよね。

「供給の弾力性」ですか?「需要の価格弾力性」は以前聞きましたけど、「供給の弾力性」は初めて聞きました。どういう違いがあるんですか?

考え方は「需要の価格弾力性」と似ているけど、「需要の価格弾力性」と混同してしまうと公務員試験で間違えてしまうからしっかり理解する必要があるよ。今日は「供給の価格弾力性」について勉強していこうか。

需要の価格弾力性とは?

今回は、「供給の価格弾力性」について勉強しますが、考え方は似ているため、「需要の価格弾力性」についても少し触れたいと思います。「需要の価格弾力性」とは、「価格が1%変化した時に需要量が何%変化するか」を表していて、同じ財でも元々の価格が異なれば需要の価格弾力性が異なります。

bestkateikyoshi.hatenablog.com

bestkateikyoshi.hatenablog.com

 

そして、需要の価格弾力性を求める公式は以下のような式になります。

f:id:bestkateikyoushi:20191009185103p:plain

需要の価格弾力性公式

※△Q/△Pは需要曲線y=ax+bの傾きaの逆数

 P,Qは元々の(基準となる)価格と数量

 

 

供給の価格弾力性とは?

供給の価格弾力性とは「価格が1%変化したとき、供給量は何%変化するか」を表しています。需要の価格弾力性の定義とほとんど同じですが、需要の価格弾力性の場合は「需要量が何%変化するか」でしたが、供給の価格弾力性は「供給量は何%変化するか」です。

 

需要の価格弾力性は価格が下がったら需要量は増加しました。それは通常、安くなると多くの消費者が買ってくれるようになるためです。他方、通常価格が安くなると企業は利益が減ってしまうため売る気がなくなってしまいます。その結果、供給量は下がります。このように、供給の価格弾力性は価格が下がると供給量も下がるため、需要の価格弾力性とは少し異なります。

f:id:bestkateikyoushi:20191010133025p:plain

供給の価格弾力性計算方法

※△Q/△Pは需要曲線y=ax+bの傾きaの逆数

 P,Qは元々の(基準となる)価格と数量

ここで需要の価格弾力性の公式と異なる点が、×(-1)がないという点です。これは、価格が上がれば供給量も増えるために-1を掛けなくても正の価格弾力性になるためです。実際に例を使って考えてみましょう。まず、元々1個2000円のケーキがあるとします。そしてこの時、図1よりケーキの供給量は300個だとします。

f:id:bestkateikyoushi:20191010133055p:plain

ケーキの供給の価格弾力性

例えば、この供給曲線がy=5x+500だとしたとき、供給の価格弾力性は以下のように4/3%となります。

f:id:bestkateikyoushi:20191010133120p:plain

元の価格が2000円の時の供給の価格弾力性

△Q/△Pは供給曲線の傾き5の逆数のことなので、1/5を入れ、価格が2000円の時の元々の供給量は300個のため、300個×4/3÷100=4個ということになっています。今回の場合の供給の価格弾力性が4/3%というのは、価格が1%(20円)下がる(/上がる)と需要量が4個減少(/増加)するということになります。

 

図の供給曲線を見ると分かるように、供給曲線は通常右上がりの曲線になります。この時、「価格が上がれば供給量も上がる」というように、価格の変化率がプラス(/マイナス)であれば、供給量の変化率もプラス(/マイナス)になるため、需要の価格弾力性の公式のように(-1)を掛ける必要がありません。

 

ちなみに、需要の価格弾力性では「同じ財でも元の価格が異なると需要の価格弾力性が異なる」のですが、供給の価格弾力性でも同じことが言えます。同じ財でも元の価格が異なると供給の価格弾力性は変わってきます。

f:id:bestkateikyoushi:20191010133140p:plain

ケーキの価格1000円の時の供給の価格弾力性

 元の価格が1000円の時は供給の価格弾力性が2%になります。元の価格が1000円の時の供給量は100個なので、100個の2%は2個になります。つまり、1%(10円)の価格増加(/減少)で供給量は2個増加(/減少)するということになります。このように、元々の価格が低い方が1%の変化によって変化する供給量が大きくなります。

【スポンサーリンク】