分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

効用とは何か?-公務員試験ミクロ経済学

あっ、先輩、こんにちは!今日は何か調子悪そうですね。大丈夫ですか?

こんにちは、カズ。ありがとう、昨日ゼミの飲み会でビール飲み過ぎたからまだ少し気持ち悪いね...。

そうでしたか...先輩、ビール好きでしたっけ?僕も早く二十歳になって飲んでみたいです。

ビールは好きだよ~。でも、飲みすぎて今は気持ち悪すぎてお酒のことは考えたくない(笑)。

今日はゆっくり休んでください(笑)。

ありがとう、昨日は飲みすぎて私のビールに対する効用はこれ以上飲むと逆に下がりそうな感じだよ。

あれ、「効用」ってミクロ経済学の講義でやったのは覚えているんですが、何でしたっけ?

「効用」は経済学ではすごく重要な概念になるから必ず理解したほうがいいよ。そうしたら今日は「効用」の基礎的な部分について勉強していこう。

効用とは?

「効用」とは、「消費者の主観的な満足度」を示しています。英語ではutilityと言い、経済学をより勉強していくと「限界効用」という用語が出ることがあるのですが、「限界=Marginal」と「効用=Utility」の頭文字から「限界効用」はMUと表されることがあります。

 

ここで、効用とは消費者の主観的な満足度としています。なぜ主観的かというと、効用は人によって異なり、定量化は本来難しい尺度です。しかし、現実に消費者は「買いたいな」という欲求を基に買い物を行います。そこで経済学は「効用」という尺度を仮に設定して経済を分析しています。また、経済学では、消費者は個々人の効用を大きくしようと行動(財を購入)すると仮定しています。

 

例えば、大体の人はお腹が空いた時食欲を満たそうとして何か食べ物を購入して食べます。また、スマホゲームで早くクリアしたいと思って課金する人もいます。それによって食欲を満たしたり、早くクリア出来たりと満足できます。これが経済学で使われる効用の正体になります。

 

ここで、ケーキを使って効用を考えてみたいと思います。

図;ケーキの効用

Aさんはケーキが好きで、1個食べた時には満足しているけどもっと食べたいと思っているとします。そう思った時Aさんは2つ目を食べたとします。この時、Aさんはもっと食べたいと思っていたため効用は増えることになります。

 

そしてさらにAさんは2個でも満足出来なくてもっと食べたいと思って3つ食べたとします。この時も食べたいと思っていたため効用は増加します。

 

最後に、4つ目も誰かからもらって食べられることになったんだけど、流石にもうお腹いっぱいだと思っているとします。その時、もうお腹いっぱいということで4つ目を食べてもあまり満足できないので効用は殆ど増加しません。

 

このように、効用は好きなもの(財)を消費すればするほど増加していきますが、消費しすぎるとさすがにもう満足しなくなってきます。このような効用と消費された財の個数の関係を1財の効用関数と呼ばれる一番簡単な関数で表すことができます。ちなみに、縦軸のUが効用の大きさを表していて、横軸のxが財の消費量を表しています。

図;1財の効用曲線

1杯目のビールは格別に美味しいけれど、10杯、20杯と飲んでいくと最後には気持ち悪くなってしまってたくさん飲んでも満足度(効用)が上がらなくなってしまうことを上の図は表しています。もちろん、これに当てはまらない財もありますが、上記は一般的な形になります。

 

 

二財の効用関数

前章では、一つの財(ケーキ)のみを使って、ケーキと効用の関係を見ていきました。しかし現実には財やサービスはたくさんあり、それらを組み合わせて効用を高めています。経済学では全ての財を用いて分析するのは困難なため、次に2つの財を使って分析しています。2財を使ったモデルは公務員試験でもよく出てくるため、基礎を抑える上でとても重要になってきます。例えばここで、お茶とコーヒーという2つの飲み物から効用を得ている個人を想定します。

図;お茶とコーヒーの2財の効用

今上記のようにお茶とコーヒーがあるとします。どちらも好きだとして今それらを得欄時合計4本飲んでいいとしたら、何本ずつ組み合わせて飲むと満足度が高いか考えるとします。

 

人によってはコーヒーorお茶が極端に好きで、片方を4本飲みたいという人もいますが、多くの人は、コーヒー4本やお茶4本とどちらか一方に偏るのではなく、2本2本でお茶とコーヒーを組み合わせて消費した方が満足度は高くなります。4本同じものを飲むと口が飽きてしまうためです。ミクロ経済学でも2財の効用関数を作る際には特に断りがなければ、通常2財を上手く組み合わせて消費した方が効用は高くなるという仮定を置いています。

図;2財の効用曲線

2財の効用曲線は通常上記のように原点に対して凸の曲線になります。縦軸のYがお茶の個数で、横軸のXがコーヒーの個数だとします。この時、効用曲線上はどこでも同じ大きさの効用になります。例えば上記の図の場合『お茶4本とコーヒー1本』の組み合わせと、『お茶2本とコーヒー2本』の組み合わせの効用は同じだと考えています。

 

どちらか一方に偏り過ぎていても満足度ってそれほど上がりません。そのため、上記の場合では、『お茶4本とコーヒー1本』の組み合わせと、『お茶2本とコーヒー2本』の組み合わせの効用は同じとなっています。

 

また、特殊な効用曲線でなければ、効用曲線がグラフの右にシフトすればするほど効用が高くなるとされています。上記の図でも『お茶2本とコーヒー2本』の組み合わせより『お茶3本とコーヒー3本』の組み合わせの効用の方が右側にあるから効用は高いとされています。このような効用曲線を「無差別曲線」と言ったりもするため、別のものだと勘違いしないように注意する必要があります。なぜ「無差別曲線」というかは下の動画で説明してくれているので時間があるときにこれを確認してみて下さい。

動画;無差別曲線

はじめにも言ったようにミクロ経済学では家計(消費者)が限られた資源(お金)の中で効用(満足度)を最大にするということを前提にして分析を進めていくため、効用はとても重要になってきます。

 

今回ははじめに話したお酒の効用関数について話しませんでした。というのも、お酒は通常特殊な効用関数の部類に入ってくるため、今回話した効用関数とは違う形になるからです特殊な効用関数についてはまた別のページで紹介できればと思います!

【スポンサーリンク】