分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

予算制約線とは何か?-公務員試験のためのミクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

予算制約線とは?

あっ、先輩、こんにちは!

こんにちは、カズ。

今やばいです。金欠であと自由に使えるお金が1000円しかないです(泣)。

大変だね...。

それでもチョコレートとマンガを買いたいのでどうすればいいか今考えています。給料日まで待ってマンガを買うか、先にマンガを買ってチョコレートを諦めるか...。

そうか。難しいね。じゃあ予算1000円以内の消費可能領域の中でどれだけ効用を高めるかがポイントだね。

えっと、「消費可能領域」ってなんですか?

あ、ミクロ経済学の用語なんだけど、授業でもう「予算制約線」っていうのは学習した?

そういえば、消費者理論の「効用関数」の時と一緒に学習しました。

そうか、じゃあ「予算制約線」って何か説明できる?

ええっと...。説明するとなるとうまく説明できないです。

まぁ、中々言葉で説明するのは難しいよね。「予算制約線」っていうのは、「現在の所得(予算)の下で購入可能な財の個数の組み合わせを示す線分」のことだよ。言葉だけだと難しいからグラフを見ながら理解できるようにしよう。

はい。

それじゃあ、さっきカズが言っていた残りの予算1000円の中でチョコレートとマンガを2財をどう組み合わせて購入するかを例に考えてみよう。ちなみにチョコレートとマンガの値段はいくらくらい?

チョコレートは1個250円で、マンガは1冊500円です。

そうか、そうしたら図1を見てみよう。縦軸がチョコレートの個数で、横軸がマンガの冊数を表している図を作ってみたよ。

図1;予算制約線

スライド1枚目にある右下がりの直線が「予算制約線」になっているよ。そして「予算制約線」より左側が「消費可能領域」と呼ばれる部分だよ。

えっと、どういうことですか?

図1スライド2枚目の「予算制約線」の左側の青い点を見てみようか。これらは予算1000円以内で購入できるチョコレートとマンガの個数の組み合わせを表しているよ。

なるほど。例えば、マンガ1冊とチョコレート1個なら500円と250円で合計750円だから「予算制約線」の左側にありますね。他にもマンガ2冊、チョコレート0個の時は合計1000円なので予算制約線上にありますね。

そうそう。そしてスライド3枚目のように「予算制約線」の左側の座標は予算内で買うことが出来る財の購入個数の組み合わせだから、「消費可能領域」と言うよ。

なるほど。あれ、僕は「予算制約線」については授業で「効用関数」と一緒に学習した記憶があるのですが、「予算制約線」は「効用関数」とどう結びついてくるのですか?

2つの関連性についてはまた次回詳しくできればと思うけど、以前話したように「効用関数」は基本的に図の中で右上に行けば行くほど、効用が大きくなるって話ししたよね。

図2;2財の効用関数

はい。覚えています。

良かった。じゃあ、今のカズみたいに予算がある中で効用を最大化したいと思ったら、どういうお金の使い方をすれば良いと思う?

今効用を大きくするのであれば、貯金とかはしないで最大限まで予算を使って財を購入する方が効用は高くなります

そう。つまり、限られた予算の中で、効用を最大化するにはどうすれば良いのかを分析するために「予算制約線」と「効用関数」を活用できるんだ。

なるほど。

まぁ、実際の計算とかについては長くなりそうだからまた今度かな!今日は一先ず、「予算制約線」と「消費可能領域」理解出来た?

はい、ばっちりです!ありがとうございます!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

参考

【スポンサーリンク】