読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭教師が教える!簡単学習法

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

家庭教師が教える分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためサイト

【スポンサーリンク】

価格変化Ⅰ-大学生の視点で理解するミクロ経済学

ミクロ経済学

⑴記事のポイント

key words

価格変化の効果

bestkateikyoshi.hatenablog.com

⑵登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

⑶価格変化とは?

あっ、先輩、こんにちは~!

こんにちは、カズ。今日は元気そうだね、今月もう自由に使えるお金が残り5000円でピンチだったんじゃなかっっけ?

そうなんですけど、この間近所に古本屋がオープンして僕の読みたいマンガが新品だと500円だったのが250円で買えそうなんですよ~!しかも、古本なのに新品同然なんですよ!

なるほど、マンガが安くなったから経済的に余裕が出てきたって感じ?

そうです!これでチョコレートとマンガをたくさん買えます!

そうか。そう言えば、以前1個250円のチョコレートと1冊500円のマンガを残り5000円でどう買うか悩んでいたよね。

f:id:bestkateikyoushi:20170309105352p:plain

図1;所得変化(所得5,000円の時の最適消費点)

そうですね。確か、あの時は先月まで自由に使えるお金が残り1万円だったのが、今月は5千円になって、グラフ中の「予算制約線」が左側にシフトする「所得変化」を一緒に勉強しました。

うんうん。じゃあここで質問なんだけど、今回のように自由に使えるお金は変わらなくても、商品(/財)の価格が変化することによって、予算の中で効用を最大化できる消費の組み合わせが変わることを何と言うと「なに変化」と言うと思う?

価格が変化するからもしかして、「価格変化」ですか?

そう(笑)。そのまま「価格変化」と言われているよ。ただ、呼び方はシンプルなんだけど、「所得変化」に比べると実は少し難しいよ。

えぇ...難しいのはきついです...。

理解するのは難しい部分ではあるけど、ミクロ経済学で一番重要な部分の1つでもあるし、理解出来ればなるほどって感じだから、今日は「価格変化」の導入部分について話してみよう。

分かりました。覚悟を決めます!

じゃあまず、図2を見てみよう。さっきカズが言ってくれた自由に使えるお金が5000円で、チョコレートの値段が1個250円、マンガの値段が1冊500円の時の「予算制約線」と「効用曲線」だよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170309105352p:plain

図2;価格変化前(所得5,000円の時の最適消費点)

はい。自由に使えるお金が5000円の時の効用を最大化できる消費の組み合わせは「チョコレートと10個、マンガ5冊」の組み合わせでした。

そうだね。じゃあ、自由に使えるお金は5000円、チョコレートの値段も1個250円のままで、マンガの値段が1冊500円から250円に値下がりしたときの「予算制約線」と「効用曲線」を図3に書いてみたよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170309191143p:plain

図3;価格変化後(所得5,000円の時の最適消費点)

図3を見ると分かるように、マンガの値段が変わったことによって、「予算制約線」と「効用曲線」の位置が変わったよね。

はい。

ただ、ここで押さえておきたいポイントは、価格変化によって「予算制約線」が変化したことで「効用曲線」の位置が変わったということだよ。

先に「予算制約線」が変化したから「効用曲線」が変わったということですか?

そうそう。まず、マンガの値段が500円から250円になると、5000円全てをマンガにつぎ込むとしたら10冊買えたのが20冊まで買えるようになるよね。

そうですね。

まずこの変化を表しているのが、「予算制約線」の右へのシフトだよ。

なるほど。マンガの値段が250円になると例えば5000円のなかで「チョコレート0個、マンガ20冊」のような消費の組み合わせが出来るようになるから、予算制約線はグラフ右下の(x,y)=(0,20)(チョコレート0個、マンガ20冊)の座標に来ているってことなんですね。

そうだよ。そして、効用曲線は以前効用について話したように、一般的に出来る限り右上にあるときに方が効用は高いことを示しているから、消費者も出来る限り右上に効用曲線がある方が良いって言ったよね。

はい。

そうすると、価格変化後の新たな予算制約線に接する効用曲線の方が効用は一番高いから、新たな予算制約線に接している効用曲線にシフトしたように見えるんだよ。確認のため、価格変化による予算制約線と効用曲線の変化の流れを図4で確認してみよう。

図4;価格変化

なるほど。「価格変化」は図4のような流れで、新しい予算制約線と効用曲線に「最適消費点」(赤い点)を作るんですね。

そうそう。ここまでが2財のとき価格に変化によってどの様に効用の大きさが変わるかっていう触りの部分だよ。

まだ触りの部分なんですか!?

残念ながら、大学の授業や公務員試験とかはまだ理解しなければいけないことがあるよ(笑)。

もう嫌です...(笑)。どんなことを理解する必要があるんですか?

この後理解する必要があるのは、「スルツキー分解」っていう今回話した価格変化を「代替効果」と「所得効果」に分解した分析についてと、それに伴って「上級財・下級財・ギッフェン財」という財の種類について理解する必要があるよ。

なんか難しそうな言葉が多いですね...。

そうだね。私も当初は理解不能だった。でも、「スルツキー分解」も財の種類も、今回話した「価格変化」が土台になるから、まずは「価格変化」のグラフの変化のプロセスをしっかり理解することが大事だよ。

なるほど。それじゃあまずは今回の「価格変化」をしっかり理解出来るよう復習します!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

参考

【スポンサーリンク】