読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

家計による労働供給の理論-公務員試験のためのミクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

労働供給の理論とは?

あっ、先輩、こんにちは!

こんにちは、カズ。最近バイトの調子はどう?

バイトは大変です...ただお金を稼がないと楽しめないので...。今はバイトの時間増やすかどうか迷ってます。

なるほど。大学生活を楽しむためにはバイトで働いて稼ぐことも不可欠だからね...。

そうですね。どれくらい働けばいいんですかね(笑)?ミクロ経済学でも働く時間を分析する理論ないんですか?

あるよ~。労働供給の理論っていう、働く時間を何時間にして、その代わりに余暇の時間を何時間にするのが良いのかを分析する理論があるよ。

おぉ、ミクロ経済学って経済に関することはなんでも分析してますね!

そうだね(笑)。まぁ、経済活動を分析する学問だから、働く人の分析も重要な分析対象の1つになるんだね。

そうですね。あれ、これまでミクロ経済学では、2つの財(/製品・サービス)を分析対象にして、予算制約線と効用曲線を使って効用が最大になる消費の組み合わせは何かを分析していましたが、労働供給の理論も同じですか?

うーん、これまでの最適消費の分析の方法とは少し異なる部分があるかな。ただ、これまで使ってきた予算制約線や効用曲線など似たような考え方がよく出てくるので結構考え方は似ているから、混同しないようにしなければ理解しやすいと思うよ!

なるほど。

じゃあ実際に労働供給の理論の話に入っていくんだけど、今カズは一日の中で学校の時間以外にどれくらいの時間を余暇とバイト(/労働)に確保できそう?

ええっとですね、学校にいる時間が大体9時から15時の計6時間くらいなので、一日の中で余暇とバイト(/労働)に割ける時間は合計18時間くらいです。

なるほど。それじゃあ、今回は一日の学業以外の18時間の中で、余暇と労働をどの様に配分した方が良いのかっていう話を進めていこう。ちなみに、バイトの時給はいくらくらいなの?

分かりました。バイトの時給は1,000円です!

なるほど。じゃあ1日の所得額は「バイトの時給1,000円×労働時間」として考えてみよう。この時、労働供給の理論で用いられるグラフで表してみると、図1のようになるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170315161017p:plain

図1;労働供給の理論

縦軸は所得額、つまり一日に稼いだ金額を示していて、横軸は余暇の時間を示しているよ。

あれ、労働時間はどこにあるのですか?

労働時間は結局18時間中余暇に費やさなかった時間ってことだよね。だから、例えば15時間余暇に費やしたとしたら残りの3時間が労働時間ってことで、余暇時間を表す横軸で一緒に表されるよ。

なるほど。図1の例では、横軸の左側の赤い部分の10hまでが余暇の10時間を表していて、18時間から10時間を引いた青い部分の8時間が18時間中効用の最大になる労働時間ということですね。

そうだね。時給1,000円ということは、8時間働けば稼いだ金額は8,000円になるよね、それを縦軸の所得部分が表していて、赤い点が余暇時間10時間、所得8,000円の組み合わせを表しているよ。

なるほど。なんで2財の効用についてやった時と同じように、予算制約線が出てくるのですか?

これは図2を見てみると理解できるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170315161042p:plain

図2;労働供給の予算制約線について

図2の2つの青い点のように、18時間を余暇と労働に目一杯使った時の余暇と所得の組み合わせが予算制約線上に来るよね。

はい。

この予算制約線より右上には、時給が上がったりしない限り、余暇と所得の組み合わせをとることは不可能だから、これより左側しか余暇と所得の組み合わせをとれないということで、これまでの予算制約線と同じだよね。

そうですね。

縦軸と横軸に取るものは、2財の効用最大化の時はそれぞれの財の数量だったり、今回の労働供給の理論では所得と余暇の時間というように異なっているから混乱してしまうんだけど、やっていることはほとんど同じだから、基本をしっかり押さえればさらに理解できるようになるよ!

そうですね。ミクロ経済学が難しい理由ってグラフによって軸の取るモノが財の数量だったり、所得だったり混乱しやすい部分があるからですよね。

うんうん。それぞれのグラフの違う部分と共通する部分をしっかりとらえられればミクロ経済学をマスター出来るようになるから、もう一度これまでの範囲も復習しながら頑張ってみよう!

ありがとうございます。頑張ります、また分からなくなったら色々と教えて下さい!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

参考

【スポンサーリンク】