分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

家計による労働供給の理論-公務員試験ミクロ経済学

あっ、先輩、こんにちは!

こんにちは、カズ。最近授業でよく寝てるって聞くけどどうしたの?

えー、誰に聞いたんですか...。実は金欠なのでバイトをたくさんやっているので...。

そうだったんだね。でもバイトのし過ぎで大学生活も楽しめないと本末転倒だけど。

そうですよね。でも、どれくらいのバランスでシフトとか入れるのがいいんでしょうね。経済学でも働く時間とかを分析する理論とかないんですか?

うん、あるよ!労働供給の理論っていう、働く時間を何時間にして、その代わりに余暇の時間を何時間にするのが良いのかを分析する理論があるよ。公務員試験でもよく出てくるし、せっかくだから今日勉強してみよう!

労働供給の理論とは?

ミクロ経済学では、2つの財を使って効用を最大化する2財モデルがよく出題されます。2財モデルとは、「予算制約の下で、効用を最大化する2つの財の消費の組み合わせを決定する」考え方のことです。ミクロ経済学といえば、このモデルが一番ポピュラーですが、労働供給の理論でもこのモデルを応用して考えます。

 

まず、2財モデルで考えた効用を高める財を労働供給の理論では、「所得額」と「余暇時間(リラックスできる時間)」とします。そしてこの「所得額」は1日の労働で得られる金額とします。

 

それでは実際に例を使って考えていきましょう!公務員試験を受けようと思っている皆さんの多くは大学生だと思うので、大学生の一日の中の勉強時間6時間以外の18時間を余暇時間、バイトのどちらかに充てるとし、バイトの時給を1,000円と仮定します。

 

この時、1日の所得額は「バイトの時給1,000×労働時間」となり、一日の所得額を縦軸、余暇時間を横軸にとるグラフに当てはめてみると以下のようになります。

f:id:bestkateikyoushi:20200327231014p:plain

労働供給の理論

縦軸は所得額、横軸が余暇の時間を示していますが、労働時間は横軸の18時間から余暇時間を差し引いた横軸の時間になります。なので、上記の図の場合、横軸の左側の赤い部分の10hまでが余暇の10時間を表していて、18時間から10時間を引いた青い部分の8時間が18時間中効用の最大になる労働時間ということになります。

 

時給1,000円ということなので、8時間働けば稼いだ金額は8,000円になります。それを縦軸の所得部分が表していて、赤い点が余暇時間10時間、所得8,000円の組み合わせを表しています。

 

また、上記の図で出てくる予算制約線は、次の図のように見てみると、どうしてこのような予算制約線になるのかがわかります。

f:id:bestkateikyoushi:20200327231039p:plain

労働供給の予算制約線について

上記の2つの青い点のように、18時間を余暇と労働に目一杯使った時の余暇と所得の組み合わせが予算制約線上に来るのがわかると思います。このように、ミクロ経済学の二財モデルとは少し異なり縦軸に財の数量ではなく、所得金額がとられるため、違うものと考えてしまうことがありますが、考え方は通常の二財モデルと変わらないため、しっかりと本質を理解しておくことがポイントになります!

【スポンサーリンク】