分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

コースの定理とは-公務員試験のためのミクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

コースの定理とは?

あ、先輩、こんにちは~。ちょっと質問あるんですけど、今大丈夫ですか?

こんにちは、カズ。大丈夫だよ、どうしたの?

ありがとうございます!この間、外部不経済や外部経済などの「外部性」について教えて下さったのですが、外部不経済があるときに、社会的な損失を租税や企業からの補償金などで内部化して市場内部で解決するようにするという話をしましたが、外部の被害を受けている人達とどの様に交渉して補償額などが決定されるのですか?

外部性について詳しく学んでいくと外部の被害を受けている人たちとのどの様に折衝していくかっていう疑問が出てくるよね。実はミクロ経済学でも外部性がある場合、市場内部の主体と被害を受けている主体の交渉にかかるコストがないと仮定した時、「両者が交渉することによってどちらが損失補償をしたとしても最適な資源配分を達成できる」とする「コースの定理」という考え方があるよ。

コースの定理」ですか?なんか難しそうですね...。

いや、考え方が分かればそんなに難しくないよ。具体的に理解するために表1を見てみよう。

表1;コースの定理

スライドの2枚目のように、外部性が存在し、交渉によって損失補償額、生産量を明らかにする問題が出題されることが多いよ。今回は工場を所有するA社とその近海で被害を受けているB事業者との交渉による問題だね。実際にどう答えを導くのかを考えてみよう。

f:id:bestkateikyoushi:20170423115129j:plain

図1;コースの定理解法

図1を見ると分かるように、コースの定理では「A社の利益-B社の損失額」が最も高いときの生産量が社会全体として最適な生産量となるよ。「A社の利益-B社の損失額」が最も高いということは、A社の利益からB社の損失額を引いた残りの利益が大きいということだから、社会全体で見ると、社会全体で自由に使えるお金が多くなるということだよね。

あ、社会全体で自由に使えるお金が多くなるから「最適な資源配分」ということなのですね。

そうそう!これがコースの定理の解法だよ。

なるほど。あれ、はじめに先輩が「コースの定理」は「両者が交渉することによってどちらが損失補償をしたとしても最適な資源配分を達成できる」と「どちらが損失補償したとしても」と言っていましたよね。でも、被害を受けている業者Bが損失補償をするんだったら、A社は自社の利益を最大にするために、A社は生産量を180にして利益を500にした方が良いんじゃないですか?

ここが少し分かりにくいんだけど、どうして「コースの定理」が「両者が交渉することによってどちらが損失補償をしたとしても最適な資源配分を達成できる」ということなのかは、2つのケースを見ながら確認していこう。

f:id:bestkateikyoushi:20170423115146j:plain

図2;ケース1「先に業者Bがいて、後からA社が入ってきた場合」

ケース1は元々業者Bが事業を行っていて、あとからA社が入ってきたからA社が業者Bの損失を補償するケースになるよ。これは図1で話したことと変わらないから分かりやすいよね。業者Bの損失もA社のコストとして内部化して一番利益が得られる生産量を決定しているよね。

はい。じゃあ、ケース2とは何ですか?

次にケース2は、元々A社が工場で生産を行っていたところに、業者Bが入ってきた場合だよ。この時、元々A社は生産を行っていたわけだから、わざわざ新たに入ってきた業者Bに損失を補償する必要はないよね。

そうですね。業者Bは自分からA社の工場の近くに入ってきたので。

そう。ただそうは言っても業者Bも事業を行う以上自社の損失を減らしたいよね。ただ、A社は利益を最大にするために生産量180にして、利益を500得ている状態だから、業者Bにとって損失額は100になるんだ。

f:id:bestkateikyoushi:20170423115204j:plain

図3;ケース2「先にA社がいて、後から業者Bが入ってきた場合」

そこで業者BはA社に補償金を支払って、A社の利益を500に維持しながらB社の損失も減らしていこうとするよ。その時、選択されるのがケース1と同様にA社の生産量140となるよ。

図3を見ると分かるように、損失額と補償額の合計が一番少なくなる生産量140の時が選ばれるんですね。

そうだね。今見てきたように、ケース1でもケース2でもどちらが損失補償を行った場合でも、決定したA社の生産量は同じだよね。これが「コースの定理」の言っている意味なんだ。

なるほど。そうやって考えるんですね。よく分かりました!ありがとうございます!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

参考

【スポンサーリンク】