分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

成績を伸ばしたいなら友達の意見を聞かない方が良い?-大学受験学習法

よく塾の先生で「受験は団体戦だ」と言う先生がいると思います。その理由として、同じ塾や学校の友人と切磋琢磨して勉強することでモチベーションも維持でき、分からない部分は助け合いながら学習することが出来るためです。もちろん、浪人生が自宅浪人をするとモチベーションが下がってしまってズルズルと成績が上がらないという例があるように、一人で勉強するよりも、周りに同じ大学を目指す友人と切磋琢磨することでモチベーションの維持が出来ると同意できる部分もあります。

 

しかし、僕の経験から言うと、受験期に周りの人と一緒に行動している頻度の多い人ほど志望校に届かなかったというイメージがあります。その理由としては、友人と一緒に行動する時間が多くなることで、自分の学習時間を確保する時間が減ってしまったり、自主学習中も友人との会話を思い出してしまったりで集中できなくなってしまうからということがあると思います。

 

さらに、友達と一緒に行動する時間が長くなることで勉強時間が減ってしまうことだけではなく、友達の勉強法や習慣など情報に惑わされてしまうことによって効率的に勉強ができないということがあります。なぜ受験勉強中は友達の意見に耳を傾けるべきではないのか、その理由について3つ紹介していきたいと思います。

受験勉強について友達の意見を聞くデメリットは?

友人から勉強法などの意見を聞くことによる次のような3つのデメリットがあると考えます。

 

友達の勉強法が本当に志望校に合格できる勉強法とは限らない

一つ目のデメリットは、友達が教えてくれた勉強法が本当に効果的な勉強法とは限らないためです。その友達ももしかしたら、志望校に合格した先生の勉強法をお勧めしてくれている可能性もあります。しかし、まだ志望校に合格もしていない友達が良い勉強法だと言ったところで、本当に良い勉強法なのか分かりません。また、人によって効果的な勉強の仕方は違ってきます。そのため、自分で考えながら試行錯誤していくのが一番の近道になります。

 

勉強法をコロコロ変えても成績は伸びない

二つ目のデメリットは、周囲の意見を聞いてしまい中途半端に勉強法を変えることによって、成績がより伸びにくくなってしまうからです。勉強の仕方は数多くありますが、全ての勉強法に共通して言えるのは、「継続的に」学習することです。つまり、どんな勉強法でも継続が大事で、はじめからすぐに結果が出る訳ではありません。それなのに、友達の言うことを聞いてしまうと今やっている勉強法の効果が出る前に次の勉強法でとなってしまい、どれも中途半端になってしまうからです。実際に僕も多くの受験生を指導する中で、勉強の仕方をコロコロ変えてしまう受験生をたくさん見てきました。特に多いのが、会うたびにいつも新しい参考書が増えている生徒です。友達からオススメされたりするとつい自分も乗り遅れないようにと買ってしまいますが、書かれていることはすべて同じで、書かれ方が異なるだけです。それならば、一冊を信じてまずはしっかりとマスターしてしまう方が成績アップにつながります。

 

計画的な勉強が出来なくなる

受験勉強はテスト本番という期限が設定されている中で、いかに苦手を克服して解けるようにしていくかがポイントになってきます。そのため、勉強法をコロコロ変えていると、自分の課題を克服することではなく、勉強スタイルを見つけることに時間を取られてしまうため、計画的に勉強を進めることが出来なくなってしまいます。また、受験勉強は計画的に進めていくことが本当に重要なので、勉強法を変えるという行き当たりばったりの勉強だと、いつの間にかテスト本番になっていたということになってしまいます。

 

 

自分のスタイルを確立して継続することが大切!

以上のようなことがデメリットとしてあるため、自分のスタイルを確立して継続することが受験勉強では最も重要になってきます。そして、自分のスタイルに自信を持って学習を進めていくことが必要です。自分の成績がなかなか伸びないときに成績が伸びた友人の勉強法を聞くと、羨ましくなって流されてしまう気持ちは正直かなり分かります。

 

友達に流されず、自分の勉強スタイルを信じてやっていくために、友達の話すことはあまり真に受けず、自分の勉強に集中していくことが合格への近道になります。ぜひ参考にしてみてください!

【スポンサーリンク】