分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

両親が授業に干渉してくることはあるの?-家庭教師なび

ネット上で「家庭教師はつらい、大変」という言葉をよく見るのですが、僕自身家庭教師として色々な生徒を担当してきたので、「この生徒の担当は少し大変だな…。」と思うこともありました。もちろん、家庭教師の仕事は時給も他のアルバイトよりは高く、一対一で指導を行うため責任も大きくなるのでしょうがないことだと思います。また、僕自身もある意味自分で自由に指導ができる家庭教師をやったおかげで、「どうやって自分とは違う子供の成績を上げるのか?」を能動的に考えることができるようになりました。

 

ただ、やはり大変だと思ったことも色々と経験しました。その中の一つとしては、生徒の両親と接する機会が多く、両親の授業に対する干渉が強くなってしまうことがあるということでした。生徒の両親にとっては、普通より高いお金で家庭教師を雇っているためその分期待も大きくなります。その一方で、家庭教師をつける家庭の生徒は勉強嫌いなど勉強習慣が全くなかった子も多いです。そういった生徒を担当するとそもそも宿題をやってきてくれないことも多く、当初期待された以上に成績が伸びないということが多いです。そもそも家庭教師が数ヶ月指導したからといってすぐになんとかなるとは限らず、生徒本人の努力も必要になるのですが、やはり両親としても心配になり、家庭教師の指導力を疑いはじめることもあります。

 

これが塾などの場合であれば、塾の社員さんが面談等対応をしてくれるため、先生の責任も小さく感じると思います。しかし、家庭教師の場合は、勉強法やスケジュールなどほぼ全てが教師に一任されているので、教師自身の指導力を疑われてしまいます。さらに、家庭教師の場合は、毎授業生徒の両親に授業報告を行うため、両親と家庭教師に対する態度が言葉や表情などで直接分かってしまいます。また、対人関係なので性格的に好き嫌いを感じてしまうことがあると思うので、クセの強い両親の場合は毎授業家庭に訪問するのが嫌になると思います。

 

もちろん、担当を外してもらうなどもできなくはないですが、そういった家庭を対応することができるようになることで自分自身の成長にもつながります。大変だと思いますが、ぜひ頑張ってみてください!

【スポンサーリンク】