分かりにくいを分かりやすいに

公務員試験、受験勉強、家庭教師、海外について発信するブログです。

Tutoring For EveryOne

Making the world to understand easily
家庭教師向け記事一覧
大学受験対策記事一覧
公務員試験対策記事一覧

【スポンサーリンク】

家庭教師って家庭からのクレーム多いって本当?-家庭教師なび

大学生になったから高時給の家庭教師のバイトをしてみたいんだけど、親御さんからクレームがあったらいやだな~。実際にクレームって多いの?

僕はなかったけど、クレームになるケースも時々聞くね…。お金をもらっている人の責任を自覚してやっていればクレームにつながることは少ないと思うけど、今日はどんなことがクレームにつながりやすいか見ていこう!

どんなことがクレームにつながる?

僕もこれまで多くの生徒を担当してきましたがありがたいことにこれまで家庭から一度もクレームやトラブルなどはありませんでした。なので、僕自身の体験談ではないですが、「先生を変えてほしい」とクレームを入れられてしまった先生から引き継ぐことが時々ありました。クレームを入れた家庭の親御さんとその時のことについて話したりすることも多くあったので、今回は直接家庭から聞いたことをもとに紹介していきたいと思います。

 

 

成績が上がらないというだけでクレームを入れられることはあまりない

よく「生徒の成績が上がらないとクレームになるの?」と聞かれることがあります。家庭教師をやる前は「うまく生徒の成績を伸ばすことができなかったらどうしよう…。」と心配してしまうかもしれませんが、安心してください!これまでの経験から言うと、「成績が上がらない」からというだけでクレームにつながるケースはそこまで多くないと思います(もちろん、成績を上げなくてもいいというわけではありませんが)。

 

成績も上がらないから変えてほしいとならないことはありませんが、家庭教師をつけるような子どもは、多くの場合集団授業についていけず成績がかなり悪いことが多いです。そのため、親御さんもその部分は理解しており、先生のせいというよりは子どものせいというスタンスが多いです。

 

 

学習指導以外の不満が積み重なってクレームにつながる!

それでは、どんなことがクレームにつながるのかというと、圧倒的に指導内容以外です。僕も前任者に対してクレームを入れて自分が担当を引き継いだ家庭のお母さんと話をしたところ、前任の家庭教師は、①よく授業の日程を直前になって変更する、②失礼なこと言ってきた、など先生としての態度が原因で先生を変更してもらったといっていました。

 

他の例だと、授業時間に遅刻するなど社会人として問題がある、子どもと性格的に相性が合わない、など色々とありました。まぁ、相性が合わないのは人間なのでしょうがない部分もありますが、家庭教師は大人なので、ある程度相手に合わせた態度をとることも必要だと思います。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?僕も家庭教師を始める前は正直親御さんや生徒と上手くコミュニケーションをとれるかな?クレームなどにつながらないかな?など心配なことはたくさんありました。でも、生徒や家庭に対して真摯に向き合って授業を行えばクレームは全然ありません!子どもが好きな方は一対一で密に教えられるのでとても楽しいです。興味のある方は、当ブログ内に家庭教師向けの記事もたくさんあるので見てみて下さい!

【スポンサーリンク】