分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

LM曲線とは?-大学生の視点で理解するマクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

LM曲線とは?

あ、先輩、こんにちは!

こんにちは、カズ。あれ、どうしたの?今日は少し嬉しそうな感じだけど。

はい!大学生になってから自分の銀行口座を開設したんですけど、この間通帳に記帳したら利息が少し入っててうれしくなりました(笑)!

そうだったんだ。でもそんなに利息は入ってはいなかったでしょ?

そうですね、100円くらいでした。ただそれでも銀行に預けるだけでお金が入ってくるなんて得した気分になりますね!あれ、でもなんでお金を預けているだけで銀行は利息を支払ってくれるんですか?僕はただ自分のお金を預けただけなのに面白いですね。

確かにそう思うかもね。でも、銀行って企業とか住宅を買いたい人とかにお金を貸し付けたりするよね。そのために貸せるだけの多額の資金が必要になるからその資金は銀行で預けてくれたお金を活用しているんだよ。

あ、お金を企業とか住宅ローンとかで貸して利息を銀行は得て、得た利息の一部を口座に預けた人に還元しているってことなんですね。

そうそう。このようにお金自体をやり取りする市場ってマクロ経済学では「貨幣市場(=金融市場)」とよばれているよ。

はい。以前IS曲線について学んだ時に、財市場と金融市場(貨幣市場)ということで、一国内では基本的に財市場と貨幣市場で、お金のやり取りが行われていて、その2つの市場でのやり取りによってお金の貸し借りの際の利子率と、国民所得が決まるんでしたよね。

f:id:bestkateikyoushi:20170610095010j:plain

図1;財市場と貨幣市場

そうだね。財市場と貨幣市場でどの様に利子率と国民所得が決まるのかはIS-LM分析というマクロ経済学では重要なテーマだったんだよね。

はい。IS-LM分析を理解できるようにするためにこの間はIS曲線について教えてくださったのは覚えていますよ!

f:id:bestkateikyoushi:20170610102553p:plain

図2;IS曲線とは?

図2のようにIS曲線というのは、財市場における利子率と国民所得の関係を表した曲線で、利子率が下がれば下がるほど企業の投資が増えて、国民所得も増大するんだったよね。

はい。あれ、でも利子率ってどの様に決まるのですか?

そこが問題だよね。実は財市場では利子率が何%になるかというのは決まらず、貨幣市場で決まるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170611095955j:plain

図3;貨幣市場とは?

利子率はお金自体のやり取りを行う貨幣市場で決まるんですね。でもそもそも貨幣市場ってお金のやり取りを行う市場って言うのは分かりましたが、なんで利子率が貨幣市場で決まるのですか?

それは、貨幣市場で貨幣のやり取りを行う際に、銀行が持っているお金に対して借りたい人や企業が多いときって、どうなると思う?

借りたい人に対して貸すことのできるお金の量が足りないので、よりお金を支払ってくれる人に対して銀行はやり取りを行います。

そうだね。銀行で貸すことのできるお金に対して借りたい人が多いときには利息を高くしても。借りたいと思う人が借りてくれるよね。逆に、銀行が多くお金を持っている時に利息を高くしても借りたいと思う人は少なくなってしまうから、利息を少し下げてもいいから多くの人にお金を貸した方が効果的に銀行は持っているお金を活用できるよね。

そうですね。

図4のように、貨幣市場での貨幣の需要と供給の原理が成り立つんだけど、貨幣を手元に持っておきたいという国民の需要が国民所得と利子率によって決まるよ。

図4;貨幣市場の需要と供給原理

ポイントなのは「貨幣の資産保有目的(投機的動機)」(L₂)による部分で、図4にもあるように投機的動機による貨幣の需要量の増減は、利子率(株式など債券を保有したときのリターン)が高いと (現金として)貨幣を手元に持っているより、投資した方がお得だよね。

はい。

でも逆に利子率が低いと投資せずに貨幣を保有していた方がいいよね。

そうですね。

じゃあ結局この利子率がどの様に決まるかというと、投資する債券の価格によって利子率(金利)が決まるよ。債券価格と金利の関係については、図5のような関係になっているよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170611100123p:plain

図5[引用]債券;債券価格と金利の関係は?

金利が先に決まってから債券価格が決まるのか、債券価格が決まるから金利が決まるのかは難しい部分だけど、今回の貨幣市場でどうやって利子率が決まるのかは、債券価格が決まることによって利子率が決まるんだと考えておこう。

分かりました。貨幣市場についての概要は理解出来ました。そうなると財市場におけるIS曲線のように、貨幣市場にも曲線があるんですよね?それがLM曲線と呼ばれる曲線なのですか?

そうそう。貨幣市場における国民所得と利子率の関係を表した曲線のことをLM曲線と呼ぶよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170611100212p:plain

図6;LM曲線とは?

基本的にLM曲線は右上がりの曲線となるのだけれども、なんでそうなるかは奥深くまで考えると難しいのだけれども、貨幣供給と貨幣需要の等式を思い出して考えてみるとイメージしやすくなるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170611100259j:plain

図7;LM曲線はなぜ右上がりの曲線になるのか?

LM曲線上の貨幣供給は一定と考えるから、国民所得が増えれば取引目的の貨幣需要L₁が増加して、その分資産保有目的(投機的動機)の貨幣需要が減少するよね。だから利子率rも増加していくのでLM曲線は基本的に右上がりの曲線になるよ。

なるほど。そういうことだったんですね。

もちろんLM曲線を導出するために参考書とかではもっと細かい手順を踏んでいるんだけど、覚えるのは大変だから要点だけ掴んでおければ大丈夫だよ。

分かりました。

それじゃあ最後にLM曲線のシフトについてだけど、これはそんなに難しくなくて図8のようにLM曲線は、マネーサプライ(貨幣供給)が増加したときに右にシフトするよ。逆にマネーサプライが減少した時は左にシフトするってだけだから頭に入れておこう。

f:id:bestkateikyoushi:20170611100320p:plain

図8;LM曲線のシフト

なるほど。よく分かりました!貨幣市場についてとLM曲線、しっかり理解でいるように復習します!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】