分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

丁寧表現としてのcould,wouldを覚えよう!-英語嫌いな子のための簡単理解法-

⑴丁寧表現としてのcould,wouldとは?

 こんにちは。Could, wouldはそれぞれcan, willの過去形として使われていますが、時々丁寧表現としてcould, wouldが使われることがあります。特にwouldについては中学レベルであれば過去形としてのwouldというよりも、今回話す丁寧表現としてのwouldの方が出てくる頻度は多いと思います。

 

 そこで今回はcould, wouldについて、なぜcouldやwouldのような過去形が丁寧表現になるのかについて理解できるようにしていきたいと思います!

 

 

⑵丁寧表現としてのcould,wouldはイラストで覚える!

f:id:bestkateikyoushi:20161114105046p:plain

 

 

⑶覚え方のポイント

 なぜ丁寧表現になるのかというと、過去形、丁寧表現ともに「話し手」からの距離があるからです。まず、過去形は、現在の「話し手」から過去と時間的な距離があります。次に丁寧表現も「話し手」と相手に立場的な距離があります。どういう意味かというと、日本語でも、親しい間柄であれば「近しい関係」というように、距離的に近いことを表すと思います。その一方で目上の立場の人とは一般的にはそこまで親しく接することはせず、距離があると表現すると思います。英語でも同じです。ただ、英語の場合日本語のように敬語表現がないので、could,wouldを用いて相手との距離の遠さを示し、敬っていることをアピールします!

 

 英会話などでも本当によく使えます!頭の中でイメージを持ちながら使いこなせるようにしてみてください!

【スポンサーリンク】