分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

IS曲線とは?-大学生の視点で理解するマクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

IS曲線とは?

こんにちは、先輩...。

こんにちは、カズ。あれ、どうしたの?疲れ気味な感じだけど。

そうですね。ちょっと最近、今度旅行に行くためにお金を貯めていて食費を切り詰めているのであまり食べてないです...(笑)。

そうか...食事はしっかりと取った方がいいと思うけど...。

あれ、そういえばマクロ経済学では人々が消費すればするほど国民所得が増加するんでしたよね?僕みたいな節約家がいると一国全体の国民所得って増加しないっていうことですかね?

まぁそういうことになるね。ただ、例えば節約する人が多くて、その多くが銀行に預けているとするよね。そうすると銀行がたくさんお金を持つことになるから、そのお金を有効活用するために企業などにお金を貸し出すよね。

はい。お金を貸し出して利子を得ることによって収入をさらに得ようとします。

そうだね。そうすると、一国全体の国民所得も増加するよね。

確かにそうですね...。あれ、でもそうすると国民は節約して銀行に出来る限り多く貯金する方がいいのですか?

そこは中々単純な話にならなくなってしまうのだけど、マクロ経済学では基本的にお金を貸し出す際の「利子率」によって国民所得が大きく左右されるよ。マクロ経済学で「IS-LM分析」っていう用語は聞いたことあるかな?

えーっと、講義で聞いたおぼえはあります...。ただ、どういう意味なのかはあまり理解出来ていません...。

勉強したての頃に理解するのは中々難しいよね。IS-LM分析というのは、一国における利子率と国民所得がどの様に決まるかをグラフに表したもので、マクロ経済学では最重要テーマの1つとなっているよ。

利子率が出てくるんですか!?かなり難しそうですね。

うん。確かに何をやっているのか私もはじめは全く理解出来なかったんだけど、全体像をしっかりとイメージして何をやっているのかが分かればマスター出来るようになるよ!

f:id:bestkateikyoushi:20170610095010j:plain

図1;財市場と貨幣市場

まず利子率と国民所得がどこで決まるかだけど、図1のように財市場貨幣市場という2つの市場で企業や政府、消費者がやり取りを行うことで利子率と国民所得が決まるよ。財市場とは製品やサービスなどのやり取りを行う市場のことで、貨幣市場とは金融市場のことで、お金(貨幣)自体のやり取りを行う市場のことだよ。イメージとしては銀行にお金を預けたり、銀行から企業にお金を貸し付けたり、日銀が貨幣を発行したりとかって感じかな。

一国内のお金のやり取りは全て財市場と金融市場の2つの市場で行われているってことですね。でも、それがIS-LM分析とどう関連してくるんですか?

実はIS-LM分析で用いられるIS曲線は財市場での国民所得と利子率との関係を表していて、LM曲線は貨幣市場での国民所得と利子率との関係を表していて、2つの市場の成り立ちを理解しておけばIS-LM分析も上手く理解できるようになるよ。

財市場と貨幣市場でそれぞれ国民所得と利子率が決定されて、両方の市場にとって最適な国民所得と利子率が一国全体の国民所得、利子率となるってことですね。

そうだね。はじめから全て完璧に覚える必要はないから、まずは全体像として財市場と貨幣市場で一国全体の国民所得と利子率が決まるということをイメージ出来るようにしよう。

はい。

全体像をイメージできるようになったら次に今回はIS曲線、即ち財市場の中身について見ていこう。さっき話したように財市場って製品やサービスなど財のやり取りを行う市場のことって言ったけど、財市場ではIS曲線という財市場での国民所得と利子率の関係を示したグラフを使って考えるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170610102553p:plain

図2;IS曲線とは?

図2のように三面等価の原則で学んだ「分配面から見た国民所得」と「支出面から見た国民所得」を用いてISバランス式という式を導出することによってIS曲線という曲線を導出することが出来るよ。

あれ、なんで利子率が変化すると企業の投資額も変化するのですか?

企業が新たな事業を行うために投資をするって時に、銀行から借りる時の利子率が高ければ高いほど、利子を支払える以上の収益を得られる事業じゃないとお金を借りて事業を行っても赤字になってしまうよね。

あ、つまり利子率が低い時の方が、企業はお金を借りても黒字化できる事業が増えて投資した方がいいということになるから利子率が低いと投資額も増加するって感じで変化するのですね!

そうそう。結構多くの参考書などではIS曲線を導出するまでの手順が一つひとつ書いてあって逆に分かりにくいことが多いんだけど、ポイントとしては①IS曲線は財市場でのやり取りを利子率と国民所得との関係を用いて表した曲線ということ、②利子率が変化するとなぜ国民所得も変化するのかという流れの2点をしっかり理解しておこう。

ポイントは大きく2つあるのですね。

それじゃあ最後にIS曲線のシフトについて話していこう。図3を見てみよう。

図3;IS曲線のシフト

IS曲線はISバランス式(S(Y)+T=I(r)+G)から導出されるという話をしたけど、利子率rが変化すると国民所得Yが変化するのは、図3の利子率1%から利子率1.3%になると国民所得が70億から100億になるって感じのように「IS曲線①」上での話だったんだよね。

はい。あれ、そうなると政府支出Gとかってもし増加したらどうなるのですか?

いいところに気が付いたね。政府支出Gがポイントで、例えば利子率が一定だと仮定した時政府が政府支出Gを増加させたら国民所得は増加するか減少するかどっちだと思う?

政府の支出を増やせば国民所得は増加します。

そうだね。利子率は同じなのに国民所得は増加するってことは図3の2枚目のスライドのようにIS曲線は右にシフトするよね。

はい。図のように利子率が1.3%のままでも国民所得は85億まで増加してます。

このように利子率の変化によらない財市場での需要額の変化が起こった時にはIS曲線のシフトが起こるよ。例えば消費者の消費量が変化したり、政府支出が変化したり、企業の投資でも利子率の変化に依存しない独立投資の変化によってもシフトが起こるよ。独立投資は投資関数I=-ar+I₀のI₀のことで、利子率が変化しても一定の投資額のことだよ。

なるほど。利子率の変化とは関係ない部分での需要額の変化によってIS曲線のシフトが発生するのですね!よく理解できました!ありがとうございます!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】