分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

AD曲線とは?-大学生の視点で理解するマクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

AD曲線とは?

あ、先輩、こんにちは...。

こんにちは、カズ。あれ、どうしたの?覇気がないように見えるけど。

はい。なんか最近スーパーの食品の価格が全体的に上がっていますよね。その分食費の割合が多くなってしまっていて、食費を切り詰めているのでよくお腹が空いて力が出ないです。

そうか...。確かに去年とかに比べると食品全体の物価が上昇しているから、食費が高くなってしまうよね。

そうですね。最近ニュースでは日本も景気が少しずつ良くなっているとか聞くのに、モノの価格が高くなってしまうとそれ以上に出費が多くなって結局個人レベルでは裕福にはならないですね。

うんうん。ただ、国民所得の変化と物価水準の変化って関連性があってしょうがない面もあるからね...。

そうのですか?あれ、以前貨幣市場における利子率と国民所得との関係を表すLM曲線を学習した際、図1のように物価水準Pは一定として話を進めていきましたよね?

図1;貨幣市場の需要と供給の原理

そうだね。LM曲線を学習した際には単純化のために物価水準Pは一定としたままで進めたよ。でも、現実世界では物価水準Pが変動するケースっていうのももちろん起こり得るよね。だからマクロ経済学ではさらに「物価水準P」と「国民所得Y」との関係を表すAD曲線(総需要曲線=Aggregate Demand Curve)という曲線も学ぶことになるよ。

AD曲線ですか?なんだかIS曲線とかLM曲線とかと混同しそうな名前ですね...。

確かにはじめは理解するのが難しいかもね。でも、AD曲線は「物価水準P」と「国民所得Y」との関係を表す曲線で、「IS-LM分析から導出することが出来る」ということをおさえておけば、難しくないからこの部分はしっかりと理解しておこう。

f:id:bestkateikyoushi:20170624103418p:plain

図2;AD曲線

図2のAD曲線を見ると分かるように、物価水準Pが下落すれば、国民所得Yは増大するよ。逆に物価水準Pが上昇すれば、国民所得Yは減少するという様に、物価水準Pと国民所得Yの関係を表しているよ。

なるほど。AD曲線自体については何となくイメージは理解出来ました。でもなんで物価水準Pが下落すると国民所得Yは増大するのですか?

物価水準Pと国民所得Yとの関係がなぜこうなるかを考えるうえでポイントになってくるのが、以前話したIS-LM分析になるよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170624103451p:plain

図3;IS-LM分析

LM曲線って実質マネーサプライ(M/P)で表されたよね。

はい。マネーサプライ(貨幣供給量)を物価水準Pで割った数が実質マネーサプライ(M/P)でしたね。

そうそう。図4のように物価水準Pが下落したら国民所得Yはどうなる?

図4;物価水準Pの変化

まず物価水準Pが下落すると、M/Pの分母のPが小さくなるので、実質マネーサプライM/Pは大きくなります。そうなると、LM曲線は右にシフトするので均衡点が利子率0.8%、国民所得150億になるので国民所得Yは増加することになります。

その通り!このようにIS-LM曲線上で物価水準Pが変化した時の国民所得Yの変化を、物価水準P(縦軸)と国民所得Y(横軸)で表したグラフをAD曲線と言うんだよ。

なるほど。『物価水準Pの上昇(下落)➡実質マネーサプライM/Pの減少(増加)➡利子率の上昇(下落)➡国民所得Yの減少(増加)』というプロセスで物価水準Pと国民所得Yの関係性が成り立っているのですね。

そうそう。物価が下がって国民所得Yが増加ってなかなかイメージしにくいかもしれないけど、IS-LM曲線と照らし合わせながら考えていくと結構わかりやすいよね。

そうですね。物価水準Pが変化することによって国民所得Yが変化するのを表したのがAD曲線ということなのですね。それじゃあ疑問が一つあるのですが、IS-LM分析でIS曲線がシフトした場合はどうなるのですか?

政府支出Gや投資Iの増加のようにIS曲線がシフトするケースではAD曲線もシフトするよ。図5を見てみよう。

図5;AD曲線のシフト

IS曲線がシフトする時、物価水準Pは変化しないけど、国民所得Yは変化するよね。だから、図5のようにAD曲線はシフトするよ。

なるほど。AD曲線がシフトするケースは、IS曲線がシフトするとき、即ち政府支出Gや投資I、消費Cの変化によって引き起こされるのですね。物価水準Pと国民所得Yとの関係を表したAD曲線、よく分かりました!ありがとうございます!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】