分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

労働市場とAS曲線とは?-大学生の視点で理解するマクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

マクロ経済学における労働市場とAS曲線とは?

先輩、こんにちは!あれ、今は何をしているんですか?

こんにちは、カズ。明日就活の企業面接があるから、自分の言いたいことを少し整理してたよ。

お疲れ様です。なんか大変ですね。でも先輩なら頭良いんで合格出来ますよ!

ありがとう。でもそんなに頭良くないよ。それに最近はまた景気が良くなくなっているから今年度は企業も内定をあまり多く出さないって噂だし。

景気が良くないと企業の求人は少ないのに逆に企業への応募者が多くなって労働の需要と供給の不一致が起こってしまうんですよね。今年の就活生は大変ですね。

そうだね。景気が良くないと企業の生産量も減ってしまって一国全体の国民所得はあまり伸びないよね。そうすると企業は労働力を減らそうとするからさらに国民所得は減ってしまって良くない方向へ向かっていってしまうよね。

はい。

そういえば、「デフレ」(デフレーション)って言葉聞いたことある?

はい!「デフレ」って、物価水準が下がることですよね?

そうそう。それじゃあ今の景気が良くない状況って物価水準が下がっているデフレかな?どう思う?

今は「デフレ」だと思います。寿司とか牛丼とか色々な食べ物や、色々な商品の価格が全体的に安くなっているので。

そうだね。ということは、「デフレ」状況下、つまり物価水準Pが下がると企業が商品を高い値段で売れず働いている人員も削られていくから国民所得Yは減少するんだよね。

そうですね...。あれ?確かこの間AD曲線という曲線について教えて下さいましたよね?その時、AD曲線においては「物価水準Pが下落すれば、国民所得Yは増大」して、逆に「物価水準Pが上昇すれば、国民所得Yは減少」するという関係でしたよね?今回の話と矛盾していませんか?

f:id:bestkateikyoushi:20170624103418p:plain

図1;AD曲線

いいところに気がついたね!確かにAD曲線の時「物価水準P」と「国民所得Y」との関係とは異なっているよね。でも、AD曲線の時はさっき話した労働に関する物価水準と国民所得の関係ではなくて、財市場と貨幣市場における物価水準Pと国民所得Yの関係を表したものになっているよ。

確かにAD曲線はIS曲線とLM曲線を基に財市場と貨幣市場における物価水準Pと国民所得Yの関係を表しましたね。ということは、今回はさらに他の市場が出てくるということですか?

そうだね。マクロ経済学ではさらに「労働市場」という市場も加味して一国の経済を分析するよ。そして「労働市場」における物価水準Pと国民所得Yの関係を表した曲線をAS曲線(総供給曲線=Aggregate Supply Curve)と呼ぶよ。

AS曲線ですか?また分かりにくそうなものが出てきましたね...。

また曲線が出てきて覚えるのが大変だと感じるかもしれないけど、以前話したようにマクロ経済学の大きなテーマの一つが「失業問題」だったんだよね。失業問題を分析するために労働市場を考えるんだよ。

なるほど。

それじゃあまず実際に、労働市場における物価水準Pと国民所得Yの関係を表すAS曲線について下の図2を見てみよう。

f:id:bestkateikyoushi:20170702091324p:plain

図2;AS曲線

労働市場では物価水準Pが上昇すると国民所得Yも増加して、逆に物価水準Pが下落すると国民所得Yは減少するのですね。あれ、でもなんで物価水準Pの変化と同じように国民所得Yも変化するのですか?

なんでそうなるのかを実際に細かく考えていくと労働の限界生産性とか考えないといけなくて難しいけど、公務員試験とかではそこまで細かく考える必要は基本的にはないから、今回は物価水準Pの変化から国民所得Yが変化する道筋をイメージできるようにしてみよう。

f:id:bestkateikyoushi:20170630230713p:plain

図3;AS曲線の物価水準Pと国民所得Yの関係

図3のようなプロセスを理解出来ればそんなに難しくないよ。まず例えば物価水準Pが上昇(一国全体のお菓子の価格が100円から150円)したとするよね。この時、販売した数量は100円の時も150円の時も変わらなかったとしたら企業の売上は増大するよね?

はい。

そうなると、企業の売上自体は増えたんだから一国全体の国民所得Yはどうなる?

企業の売上も国民所得の一部なので、一国全体の国民所得Yは増加します。

そうだね。そしてこの時、企業は売上が上がったからさらに売上を伸ばすために、余った利潤を用いて雇用量を増やしたり賃金を上げたりなど雇用の需要と供給、つまり労働市場に大きくかかわってくるよね。だからAS曲線は労働市場における物価水準Pと国民所得Yの関係を表す曲線として用いられているんだよ。

なるほど...。これくらいならなんとかイメージ出来そうです。だからAS曲線は右上がりの曲線になっているのですね。

うん。物価水準の変化によって労働市場における雇用の需要量(企業が雇いたいと思う労働力量)が決まってくるよね。さらに、働く人にとっても物価水準が高くなっているのに賃金が低いままだと働く気は起きないように、物価水準によって働いてもいいと思う賃金水準が変化して労働の供給量(働きたいと思う労働者の量)が変化してくるよ。

なるほど。イメージとしては物価水準が変化することによって、労働市場における労働供給量と労働需要量が変化して、それらの需要と供給が均衡するようになっているのですね。

そうだね。基本的にAS曲線に関して試験などで問題が出題されるとしたら文章題とかが多いから、物価水準と国民所得の関係と、労働市場の関係をイメージでしっかりと繋げて覚えていくことが大事になるよ!

分かりました!よく復習して繋がりを自分で再現できるように頑張ります!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】