分かりにくいを分かりやすいに

受験生や塾講師、家庭教師、資格試験を控えた社会人に向けて情報発信を行うサイトです。

Tutoring For EveryOne

元家庭教師で現職公務員による分かりやすさを追求した全ての学ぶ人のためのサイト

【スポンサーリンク】

AD-AS分析とは?-大学生の視点で理解するマクロ経済学

bestkateikyoshi.hatenablog.com

登場人物

カズ

地域活性ボランティアサークルに所属する大学1年生。経済学部に所属しているが、数学は苦手。

Photo by All Solhouettes / Adapted

先輩

カズと同じ地域活性ボランティアサークルに所属する2つ上の先輩。経済学部に所属している。留学経験があり、外国人の友人も多い。

AD-AS分析とは?

こんにちは、先輩...。

こんにちは、カズ。表情が疲れ切っているけど大丈夫??

はい、大丈夫です...。ただ、今度のマクロ経済学のテストに向けて毎晩勉強頑張っているんですが、覚えることが多くてしかも複雑なので頭がパンクしそうです。特にAD曲線とかAS曲線の部分が一緒に出てくるとよくわからなくなってしまいます。

そうだったんだ。確かにマクロ経済学の中でも特に、AD曲線、AS曲線の辺りって難しいよね。それぞれの曲線を導出するまでのプロセスが複雑だし、覚えることが多いからAD-AS曲線自体も何のことなのかわからなくなってしまうよね。

はい、そうなんですよ。よく先輩は理解できましたね。

そうだね(笑)。私も初めて学習したときは頭がこんがらがって訳が分からなくなったよ。ただ以前カズには、AD曲線(総需要曲線)IS曲線とLM曲線を用いて、財市場と金融市場における物価水準Pと国民所得Yとの関係を導出した曲線のことで、AS曲線(総供給曲線)労働市場における物価水準Pと国民所得Yとの関係を表した曲線だってことは話したよね。

はい。覚えています。財市場と金融市場では、例えば物価水準Pが上がる(下がる)と実質マネーサプライが減少(増加)して、利子率が上がる(下がる)ので、国民所得Yは減少(増加)するから、物価水準Pの上昇(下落)は国民所得Yの減少(増加)を引き起こすんでしたよね。

図1;IS-LM曲線上の物価水準Pの変化

そうそう。その通りだよ。一方で、労働市場では物価水準Pが上昇(下落)すると国民所得Yも増加(減少)するんだったよね。

はい。物価水準が上昇すれば1つの財に対する価格が大きくなるので、売られた財の数量が変わらないとすると企業の収入も大きくなって、労働者の賃金も変わってきます。その結果、一国全体の国民所得も大きくなったり小さくなったりと変化します。

そうだね。もちろん、労働市場の需要と供給の捉え方についてマクロ経済学の初学者が学ぶものとして2つ(古典派の労働市場、ケインズの労働市場)あったからそれぞれの考え方に沿って違いがあるけど、基本的な考え方は物価水準Pの上昇(下落)で国民所得Yも増加(減少)だったよね。

はい。

そして、財市場金融市場労働市場の3つを、物価水準Pと国民所得Yという2つの尺度を用いて分析したものがAD-AS分析だよ。3つの市場において物価水準Pと国民所得Yが均衡する値はいくらになるかを、グラフを用いて表したものがAD-AS分析となるよ。

図2;AD-AS分析(ケインズ労働市場の場合)

ここで一つ注意しておく必要があるのは、労働市場については古典派の労働市場ケインズ労働市場によって労働市場の需要と供給のとらえ方が少々異なるから、出題された問題の中でどちらの労働市場を用いているのかを見極める必要があるよ。図2の場合はAS曲線が右上がりになっているからケインズ労働市場の考え方だね。なぜそうなるのかは労働市場における古典派とケインズの違いの記事を見て復習しよう。

分かりました。AD-AS分析では財市場と金融市場、労働市場の3つの市場における物価水準Pと国民所得Yの均衡を見ていくってことは、AD曲線とAS曲線の均衡点の値を明らかにするだけってことですか?

そうだね。基本はAD曲線とAS曲線の均衡点の値を明らかにすることなんだけど、試験対策としてはもう一つ、財市場で財政政策、金融市場で金融政策を行った場合にAD曲線とAS曲線の均衡はどうなるかも出題されたりするよ。

f:id:bestkateikyoushi:20170707211914p:plain

図3;財政政策・金融政策の効果(ケインズ労働市場の場合)

例えば政府支出を増やす財政政策やマネーサプライを増大させる金融政策を実行したら、国民所得はどうなるんだったっけ?またその時、AD曲線はどうシフトすると思う?

国民所得は増加します。そしてAD曲線は図3のように右にシフトすると思います。

そうだね。そうすると、AD曲線とAS曲線の均衡点が変化するよね。

はい。あ、国民所得は増大しましたが、物価水準Pも上昇してしまいましたね。

そうだね。このように、財政政策も金融政策も国民所得を増加させる効果はあるけど、その分物価水準Pも上昇してしまうんだよ。あまりやりすぎて物価水準Pが上がりすぎると、国民が何か物を買うときに値段が上がりすぎて逆に変えなくなってしまうというハイパーインフレになってしまうから、注意が必要になるんだよ。

なるほど。それでは、古典派の労働市場の場合では財政政策、金融政策を行ったときには物価水準Pと国民所得Yはどうなるのですか?

古典派の想定する労働市場の場合、ケインズの時とは全く異なるから要チェックだよ。図4を見てみよう。

図4;財政政策・金融政策の効果(古典派の労働市場の場合)

まず前提として古典派の労働市場の考え方をもとにすると、AS曲線は垂直になるんだったよね。

はい。たしか非自発的失業がなくていつでも完全雇用国民所得になるので、物価水準Pが変化しても国民所得は変わらないからAS曲線は垂直になるでしたよね。

そうだね。このとき、もし財政政策や金融政策を行ってAD曲線が右にシフトしたら物価水準Pと国民所得Yはどうなるかな?

あ、AD曲線とAS曲線の均衡点は変化して物価水準Pは上昇しますが、国民所得Yの値は変化しません。これってせっかく財政政策や金融政策を行ったのに国民所得Yは増加しないやり損ですね。

そうだね。古典派が想定する労働市場をもとにするとこのように、財政政策や金融政策は国民所得Yを増加させない政策になってしまうととらえられてしまうんだ。ここは文章題などではよく出題されるから古典派の時とケインズの時とで違いをしっかりと理解しておくといいよ。

なるほど。AD-AS分析も古典派の労働市場ケインズ労働市場を分けて整理して考えれば案外簡単なんですね。よく理解できました!次のテストでスラスラ解けるよう何度も復習して臨みます!ありがとうございます!

bestkateikyoshi.hatenablog.com

【スポンサーリンク】